郡内小山田氏の特色


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 室町時代後期には郡内小山田氏は都留南部を治めていたが、郡内地方は古来より生産性が低く、経済は豊かではなかった。江戸中期の記録でも郡内は石高約25000石と低い生産性だ。

 小山田氏が担う重要な役割として、領内に住む富士浅間神社の御使衆の統制と保護があった。

 御使衆とは浅間神社の神職で、居宅を宿坊として富士講の道者(富士登山者)に提供すると言う旅館業をし、小山田氏は富士詣の客から通行税を取った。富士浅間神社は富士登山ができない冬季の閑散期には諸国講中の家々をまわり歩き、祈祷や神札・供物を配布する行脚を行い、多くの旦那を抱え、富裕な財力を誇っていた。

 戦国時代は富士詣が最盛期となるものの、駿河今川の没落により東海道の治安が悪化し、御殿場口からの登山は閉鎖。富士登山は唯一、郡内からだけだった時期も長かったようで、関所は駒橋から富士麓まで10箇所の関所通過が必要。1人片道で関所10箇所で支払う総額は244文と言われ、小山田氏の貴重な収入源だったようだ。

 スポンサーリンク


 小山田氏の御使衆被官化と御使衆の安全(保護)は、郡内の経済面になる「貿易」はもとより軍事面における「諜報(情報収集)」としても有効性があった。また、都留道者の江の島参詣の宿坊として江の島の下之坊に対し要請したり、上吉田浅間社に年中行事や新宮・新神楽所造営を命じるなど、小山田信有(出羽守)が社寺参詣とその統制を通して、権力基盤を安定化させた。さらに、領内の交通網整備と商業政策も行った。

 その為、16代の小山田信有(出羽守)の葬儀に10000人参列したこともうなづけ、単なる武田の一家臣ではないことを物語っている。(当時、老人・子供も入れて郡内の領民は約40000人と言われている。)

 「郡内」と言う、甲斐と相模に挟まれた土地は、武田と北条の争いに常に巻き込まれたが、1554年の三国同盟により、小山田氏は領内を侵略されずに済むことになっただけでなく、甲斐・相模の治安が安定したことから富士参詣者も益々増えて、税収も増えたようだ。

 そして、小山田信茂と言う、武田最強の軍団が、郡内小山田氏より生まれたのである。

小山田信茂(小山田藤乙丸)~(1545年?~1582年)郡内の実力者
小山田記~実録・小山田氏の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  4. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  5. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1. 広島城(ひろしまじょう)は1589年に築城された輪郭式平城で、別名は鯉城(りじょう)、在間城(ざいま…
  2. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  4. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。初代…
  5. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る