聚楽第の落書き事件~尾藤道休など60名以上が処刑された?



戦国時代の1589年、何者かが夜陰に乗じて、聚楽第南外門にの白壁に落書きしたのが発見された事件。(落首事件)
落書きの内容は関白(豊臣秀吉)の政治を批判するものであったという。

一説には下記のような文章で落書きされていたと言う。

大仏の くどくもあれや やりかたな  くぎかすがいは 子たからめぐむ」

との記述であるが、上記文章は後世の創作である可能性があり、実際にどのような落書きがされたのかは記録が無い。
いずれにせよ、当時、豊臣秀吉は方広寺の大仏を建立する名目で刀狩令を出して批判されており、このようにして京都東山に大仏殿を建築しようとしていた事や、側室を多数持ちながら長年、子供に恵まれて来なかったのに、突然、茶々(淀殿)が懐妊した事から、あざ笑うかのような内容であったとされる。

誹謗中傷が落書きされたのに対して、豊臣秀吉はまず警備を担当していた番人に怒りをぶつけた。
報告を受けて激怒した豊臣秀吉は、警備不行届きとして1589年2月25日の夜に、警備を担当していた17人の番衆の鼻を削ぎ、耳を切り落し、磔にして処刑したのだ。


この事件は3日後の2月28日に「多聞院日記」に記載されるなど、広く知れ渡ることとなった。

犯人捜しをした結果、尾藤道休(尾藤次郎右衛門入道道休)という人物が容疑者になった。
その者が本願寺内に逃げ込んだと言う事で、本願寺が犯人を匿っているという嫌疑を掛けることに。

当時、大坂天満本願寺に身を寄せていた山科言経の日記「言経卿記」には、石田三成増田長盛らがやってきて、尾藤道休を匿ったとして本願寺に尾藤道休の引き渡しを迫り、本願寺顕如は翌日3月1日に尾藤道休と、匿った願得寺顕悟(けんご)の2名を自害させ、その首を豊臣秀吉に差し出したと言う。

これで幕引きかと思われたが、豊臣秀吉の怒りはまだ収まらず、尾藤道休と願得寺顕悟の住宅を取り潰し、2人を匿ったとして家があった町(区画)を焼き払い、3月19日には尾藤道休の妻子を含む、天満の町民63名が犯人隠匿の罪で捕えられて、無関係の者まで京都六条河原で磔にされた。

3月13日には、本願寺に対して寺内掟書が下され、秀吉勘気の牢人を隠匿しないこと、盗人悪党を糺明すること等を厳命した。
3月19日には検地が実施され、本願寺はすべてを飲み、1591年には京都へ移転した次第である。

また、この事件の黒幕として、斯波義銀と細川昭元が捕縛された。
推測すると、豊臣秀吉はこれら名族の人物の命をどうするかも自分の考え1つと言う実力者であることを示したかったものと推測できるが、当然無実の2人はすぐに許された。
しかし、細川昭元はまもなく病死し、斯波義銀は豊臣秀吉のお伽衆?となったものの以後の行動は不明である。


1589年5月27日、豊臣秀吉の長男として、茶々(淀殿)が淀城にて、捨(鶴松)を産んだが、3歳にて亡くなっている。

聚楽第とは 8年で姿を消した豪華絢爛な京の城
本願寺顕如~信長を困らせた浄土真宗の名僧
淀殿(淀の方、茶々)~豊臣家・我が子の為に生涯を全うした強き女性
石田三成とは~律儀で算術が得意だった才ある武将の印象も
増田長盛~石田三成と共に奉行として活躍するも関ヶ原には参加せず・・
片桐且元~豊臣家に尽くすも徳川の「罠」にはめられた結末は?
平野長泰~七本槍の勇名を馳せるもその生涯は?
大谷吉継の雄姿~関ヶ原の戦いでも石田三成に加勢
淀古城と淀城の違いや淀古城の戦い~茶々の産所となった淀城とは
おね【ねね】北政所~豊臣秀吉の正室 内助の功
大河ドラマ「真田丸」の放送予定「あらすじ」を連載中
好きな戦国武将を投票しよう「人気ランキング」2016年版

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 24日


気になる戦国女性

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  5. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 源頼朝(みなもと-よりとも)は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る