斎藤実盛とは~木曽義仲もその死を悲しみ「武士の鑑」とされる武将

篠原古戦場実盛塚

スポンサーリンク
スポンサーリンク

斎藤実盛(さいとう-さねもり)は、1111年に生まれた平安時代末期の武将です。
父は斎藤則盛(または斎藤実直・斎藤実遠)で、斎藤実直の養子になったものと推測されます。
出身は越前・丸岡城近くの長畝城(のうね)だったようですが、斎藤家の本拠地は、武蔵・長井庄であったことから、長井別当、斎藤別当実盛とも呼ばれます。

斎藤実盛は、源義朝の弟・源義賢に従っていたようですが、1155年に、源義朝の子・源義平(15歳)が畠山重能らと大蔵館を襲撃(大蔵の戦い)して、源義賢、秩父重隆を討ちます。
そして、畠山重能は源義賢の遺児・駒王丸(2歳)を探して殺害するよう命じられました。、

しかし、畠山重能は幼子を殺害するのは気の毒だとして、源義朝と源義平、そして源義賢にも使えたことがある斎藤実盛に、駒王丸を逃がすように命じたのです。
斎藤実盛は、乳母の夫である信濃は木曽の中原兼遠を頼って、秘かに駒王丸を逃しました。


この駒王丸は、成長すると、木曾義仲(きそ-よしなか)と称し、治承・寿永の乱において平家源頼朝と戦うことになります。

その後、斎藤実盛は源義朝に従って忠実な働きをしますが、源義朝が平治の乱で敗れて誅殺されたあとは、長井庄に戻りました。
そして、平家に仕えると、有力な東国武将として活躍します。

1180年に、源義朝の子・源頼朝が韮山にて挙兵した当初は、平維盛の後見役として源頼朝の追討に参加しました。
富士川の戦いにて、平家は水鳥の羽音を夜襲と勘違いして源頼朝に大敗を喫しますが、これは、斎藤実盛が東国武士は強いと、平維盛らに話をしたところ、平家の武将らが過剰な恐怖心を抱くようになり、水鳥が羽ばたく音を、敵襲だと勘違いしたと言う事になっています。

多くの関東武士が源頼朝に鞍替えする中、斎藤実盛は引き続き忠実に平維盛に従っており、1183年に、木曾義仲を追討するため北陸に出陣します。
5月11日、木曽義仲は、倶利伽羅峠の戦いにて、10万とも言われる平維盛らの北陸追討軍を破ります。
そして、木曽勢は敗走する平家を追撃し、6月1日、篠原の戦いとなりました。

この時、覚悟を決めていた斎藤実盛は「最後こそ若々しく戦いたい」と、老齢により白髪となっていた頭髪を黒く染めていたと言います。
そして、平維盛を逃がすため、一歩も引かずに奮戦し、ついに木曽義仲の部将・手塚光盛(手塚太郎光盛)によって討たれました。

首実検では、斎藤実盛と分からなかったのですが、染めていると樋口兼光から聞いた木曽義仲が、改めて首を近くの池で洗わせたところ、白髪の斎藤実盛と確認できたと言います。
幼いころの恩人を討ち取ってしまった木曽義仲は、涙を流したと伝わります。

この篠原の戦いにおける斎藤実盛の最期は「平家物語」巻第七に「実盛最期」として一章にて紹介されており「昔の朱買臣は、錦の袂を会稽山に翻し、今の斉藤別当実盛は、その名を北国の巷に揚ぐとかや。朽ちもせぬ空しき名のみ留め置いて、骸は越路の末の塵となるこそ哀れなれ」と評されています。

このように、大蔵合戦から28年後の篠原の戦いでの首実検の場にて、斎藤実盛と木曽義仲は悲劇的な無言の対面を果たしたのでした。

木曽義仲が奉納したと伝わる、斎藤実盛の兜(国の重要文化財)は、今でも小松市の多太神社にあるそうです。

一遍上人(遊行上人)が北陸を訪ねた際には、加賀の篠原で、白髪になっている斎藤実盛の亡霊に会い、供養したという話が、謡曲「実盛」となりました。
今でも、藤沢・遊行寺の歴代上人は、1度は必ずは実盛塚をお参りしたあと、舟で今江の上人河道を渡って、多太神社にて、兜の供養をすると言う決まりになっています。

斎藤実盛は「武士の鑑」として後世に伝えられ、奥の細道でこの地を訪れた松尾芭蕉も、実盛伝説をもとに「むざんやな甲の下のきりぎりす」の名句を詠んでいます。
与謝野晶子も「北海が盛りたる砂にあらずして木曽の冠者がきづきつる塚」との句を残しました。

さて、小松出張の際に、篠原古戦場実盛塚に寄ろうとしたのですが、駐車場が見つかりませんでした。
路上駐車するのも交通障害など、地元の皆様にご迷惑をお掛けしますので、入口だけ1枚撮影して断念した次第です。
今後、またチャンスがあれば、きちんとお参りしたいと存じております。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記に

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  2. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。通称は杉目御前、笑窪御…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言います。海を活用…
  4.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  5.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。 武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る