吉野太夫とは~よしのたゆうは美貌だけではない優秀な女性だった



吉野太夫(よしのたゆう)は、京都の太夫に代々伝わる名跡。
初代から10代目まであったと伝えられ、初代の吉野太夫は安土桃山時代の女性となる。
本阿弥光悦などの文化人と交流があったとされているが、生没年や実名などは不明である。

2代目・吉野太夫

2代目の吉野太夫に関しては史料が少しあるため、ご紹介したい。
本名は松田徳子で実母は西国の武士であったとされる。生まれは1606年3月3日。
生まれた場所は、京都の方広寺近くと伝えられている。

六条三筋町・林兵衛家にて、遊女の世話をする少女として7歳の時に林家に抱えられ、14歳で2代目・吉野太夫となった。
吉野と言う名は、彼女が楼前の桜を見て「ここにさへ、さぞな吉野は花盛り」と詠んだからと言われている。



大変利発な女性だったようで、和歌、連歌、俳諧だけでなく、琴、琵琶、笙も奏で、 書、茶湯、立花、貝合わせ、囲碁、双六に至るまで諸芸はすべて達人の域であったと言う。

馴染み客は、後陽成天皇の皇子である関白・近衛信尋(近衛信尹の養子)や、豪商・灰屋紹益などがいる。

才色兼備を称えられたその名声は、遠く海を渡った明国まで聞こえ、明国の呉興からラブレターも届いたととされる。

有名な逸話としては、吉野太夫を見染めた刀鍛冶職人・駿河守金網の弟子の話がある。
この駿河守金網の弟子は、せっせと小金を集めては島原へと向かったが、良しの太夫の相手となるには、遠く及ばないと門前で足止めされた。
それを聞き不憫に思った吉野太夫は、その男をひそかに招いて会ってあげたが、この事が問題となり年季満たずに、26歳の吉野太夫は廓を退くことになった。
この話を聞いた京の豪商・灰屋紹益(22歳)は、1631年に吉野太夫を身請けした。

当初、灰屋紹益の父・佐野紹由は、遊里の女を身請けした灰屋紹益に愛想をつかし、一時は勘当したほどであったが、吉野太夫の人となりを知ると勘当を許している。

しかし、その12年後、吉野太夫は1643年8月25日に亡くなっている。享年38。
墓所は鷹ヶ峰・常照寺。

ちなみに、2016年の大河ドラマ「真田丸」に何回も登場する吉野太夫は、1代目とされますが、1代目に関しては良くわかっていないのが現状です。

真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
出浦盛清【出浦昌相】(出浦対馬守盛清)とは
後陽成天皇~乱世を生き抜く処世術で皇室を生き残らせる
山手殿とは【真田丸では薫】~真田家を支えたなぞの女性の出自

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  5. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  3. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  4. 真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか? 真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(のちの…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る