朝比奈泰勝~今川家没落後も今川氏真に仕え武田重臣を討ち取った謎の武将

長篠合戦

スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝比奈泰勝(あさひな-やすかつ)は1547年(天文16年)に遠江で生まれた。

朝比奈弥太郎泰勝は今川家が滅亡した際の掛川城主・朝比奈泰朝と同じ朝比奈一族ですが、2世代前に分家となった朝比奈知明の系統で父は朝比奈泰知で、その3男?とも推測される。
遠江朝比奈氏の系統なようで、家系図だと朝比奈宗左衛門泰勝とも。

朝比奈弥太郎は、今川義元の子である今川氏真の側近として従っていたようだ。

 スポンサーリンク


やがて、武田信玄の侵略を受けて、今川氏真が駿府から掛川城・朝比奈泰朝のもとに逃れた際にも付き添ったようだ。
その後の浜松城への逃亡にも従い、朝比奈泰勝は太守様を最後まで見捨てていない。
こうして、今川家が没落しても従っていた朝比奈泰勝だが、1575年、長篠の戦いの際、今川氏真の使者を務めて、織田信長徳川家康の陣中を見舞った。

この時、朝比奈泰勝は、武田勝頼の片腕とも言われる内藤昌豊を槍で討ち取ると言う大功を挙げている。
そのため、徳川家康は、今川氏真に打診して、朝比奈弥太郎泰勝をもらい受けたとされる。

また、本能寺の変のあと、甲斐の若御子城にて、北条氏直と徳川家康が和睦した際には、北条家からは石巻隼人佐、河尻下野守が使者となったが、徳川家からは朝比奈弥太郎が使者を務めた。
真偽のほどは不明だが、小田原城からの帰り道に箱根にて、亡くなった少女の霊と地獄の鬼を見たとされ、相模、伊豆、駿河などで「朝比奈は鬼を見た。女は地獄に落ちた」と、評判にもなったと言う。
ただ、これは生きていた娘を見たのを、火葬していた際の娘と、朝比奈泰勝が勘違いしたためだとされている・・。

小田原攻め長久手の戦いにも参戦した朝比奈泰勝は、このように謎めいた武将であるが、徳川家康の10男・徳川頼宜の家臣となり、旗本大番頭になったとも・・。

寛永10年(1633年)に死去。
墓所は、静岡市駿河区大谷の大正寺。

今川家の滅亡~掛川城と今川氏真・朝比奈泰朝 、薩埵峠の戦い
今川氏真と言う武将の才覚~今川氏真に足りなかったものは?
朝比奈元長と朝比奈信置とは?~今川家から武田家へと仕えた庵原城主
井伊直虎とは~井伊谷のおんな城主~柴咲コウさんが演じる次郎法師
井伊直虎ゆかりの地を楽しく観光~お勧めスポットベスト10【おんな城主・直虎】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  4. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。NHKの2017…
  5. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…

人気の戦国武将

  1. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
  4. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る