織田信長の館-in-岐阜城で合わせて見学したい館跡





 →金華山の岐阜城からの続きです

 岐阜城の麓にある織田信長館跡周辺ですが、一部は現在も発掘調査が行われていました。

 夕闇が迫って来たため、すべて撮影できる事ができなかったのですが、一部写真を掲載したいと存じます。

 岐阜城の縄張図

 上記の絵図からすると、岐阜城には様々な施設があったようです。
 特に麓には4層とも見える立派な「御殿」があったようで、そこが通常、織田信長濃姫が生活した場所だと考えられます。

 岐阜城の麓

 宣教師のルイス・フロイスが岐阜城を訪れた際「ヨーロッパやインドの建築物に比べると、見劣りするだろう。あなたに見せるか躊躇(ちゅうちょ)したが、わざわざ遠くから来たのだから私が案内しよう」と言い、織田信長自ら岐阜城内を案内したと言います。

 岐阜城の大木

 もちろん、岐阜城内は一般の兵士は立入禁止でもあったため、フロイスは特別な扱いを受けたようです。
 ※各写真はクリックすると拡大します。

 岐阜城の麓の庭園

 庭園は「剛」「静」「雅」のコンセプトによってつくられたそうです。
 フロイスの記録によると、建物の1階には、絵画や屏風で装飾された約20の部屋があり、廊下の外には4~5か所の庭園があった。



 2階は女性たちの部屋で、1階よりも美しい内装が施されていた。
 3階は山と同じ高さになっており、茶室が付いた廊下があった。
 4階は、3階と同様に正面からは城下町を見ることができ、高価な宝物庫と茶室があった。
 と記しています。
 そのため、麓にも天守のような建物があったとされています。

 岐阜城の麓遺構

 しかし、発掘調査から、実際には、段々畑のように階段状に整地した土地に、4層からなる複数の建物を合体させたような建物群であったことが判明しています。

 岐阜城の麓の井戸

 生活に欠かせない井戸も残されていました。

 岐阜城の記念碑

 以上、時間が無く今回これだけの写真でしたが、物足りないので、いつの日か再び岐阜城に訪れたいと思います。

 最後までご覧頂きまして、誠にありがとうございました。

 →岐阜城(金華山)に関してはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

    • 寺田 みゆき
    • 2015年 9月 16日

    資料館行かれましたか?
    お子様も喜ぶおひめさま体験が無料で出来ますよ(^○^)

    ジオラマがあったりして充実しているので是非から!

    • 高田哲也
    • 2015年 9月 17日

    こちらもコメントありがとうございます。
    簡単に申し上げますと、岐阜城、日没につき見学不十分のため、また登城したいと存じております。(^-^)

  1. 2015年 9月 17日



気になる戦国女性

  1. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  5.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 筒井順慶
    筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  4.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  5. 源頼朝(みなもと-よりとも)は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る