鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗~真田家に仕えた家臣





 鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。
 海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。

 その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子となった。

 武田信玄が信濃に進出すると、子の鎌原幸重(鎌原宮内少輔)と共に、早くから武田信玄に臣従したようで、真田幸隆の吾妻郡進出にも協力した。
 その後、真田幸隆の軍に加わり、岩櫃城攻めなどに参加し、岩櫃城攻略の際、岩櫃城主・斎藤憲広の弟を内応することに成功している。



 鎌原城主・鎌原幸重の子・鎌原重澄(鎌原筑前守)は、真田信綱に従い(武田勝頼の家臣として仕えていたとも?)、1575年、長篠の戦いで討死。
 その鎌原重澄の子・鎌原重春が、真田昌幸の娘(名前不詳、真田信尹の娘で昌幸の養女とも?)を正室に迎えている。

 1582年3月、織田信忠による武田征伐で武田勝頼が滅亡したあとは、真田昌幸に従い、1590年、豊臣秀吉の小田原攻めにも従軍。
 しかし、大道寺政繁が守備する上野松井田城攻めで討死したため、家督は子の鎌原重宗が継ぎ、関ヶ原の合戦では真田信幸(真田信之)に従って東軍に付き、大阪の陣にも従軍。
 子孫は歴代、真田一族衆として真田家重臣に名を連ねている。

 なお、鎌原重春の夫人(真田昌幸の娘)は、1619年8月1日に死去している。


高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る