鎌原幸定・鎌原幸重・鎌原重澄・鎌原重春・鎌原重宗~真田家に仕えた家臣





 鎌原幸定(かんばらゆきさだ)は、真田家の祖・真田頼昌の子で、真田幸隆の弟。
 海野棟綱の3男とする説もある。官途は大和守。

 その後、上野吾妻郡の海野氏の一族である三原城主・鎌原幸政(鎌原修理亮幸政)の養子となった。

 武田信玄が信濃に進出すると、子の鎌原幸重(鎌原宮内少輔)と共に、早くから武田信玄に臣従したようで、真田幸隆の吾妻郡進出にも協力した。
 その後、真田幸隆の軍に加わり、岩櫃城攻めなどに参加し、岩櫃城攻略の際、岩櫃城主・斎藤憲広の弟を内応することに成功している。



 鎌原城主・鎌原幸重の子・鎌原重澄(鎌原筑前守)は、真田信綱に従い(武田勝頼の家臣として仕えていたとも?)、1575年、長篠の戦いで討死。
 その鎌原重澄の子・鎌原重春が、真田昌幸の娘(名前不詳、真田信尹の娘で昌幸の養女とも?)を正室に迎えている。

 1582年3月、織田信忠による武田征伐で武田勝頼が滅亡したあとは、真田昌幸に従い、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにも従軍。
 しかし、大道寺政繁が守備する上野松井田城攻めで討死したため、家督は子の鎌原重宗が継ぎ、関ヶ原の合戦では真田信幸(真田信之)に従って東軍に付き、大阪の陣にも従軍。
 子孫は歴代、真田一族衆として真田家重臣に名を連ねている。

 なお、鎌原重春の夫人(真田昌幸の娘)は、1619年8月1日に死去している。


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 3月 15日



気になる戦国女性

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  5. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…

人気の戦国武将

  1. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】 柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  2. 天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信濃…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  4. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)を簡潔に詳しくご紹介させ…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る