真田信綱【真田幸隆の嫡男】~長篠の戦いで散る





真田信綱(さなだのぶつな)は、武田信玄の家臣となった真田幸隆(真田幸綱)の嫡男として、1537年に誕生した。
母は、真田家の譜代家臣・河原隆正の妹(実名不明、恭雲院)。
弟に真田昌輝真田昌幸真田信尹がいる。

父・真田幸隆がバリバリの現役だったこともあり、真田信綱の幼少からの記録は見受けられず、初陣なども不明だが、真田氏の氏神である四阿山白山神社奥宮に奉納された際には、父・真田幸隆と連名の連署で名が見られ、真田家の嫡男として育ったのは間違いないだろう。

正室は、高梨政頼の娘・於きた(於北殿・於北様)で、井上城主・井上清政(井上次郎座衛門)の娘(養女になった?)とする説もあるが、側室だとも考えられる。
「小県郡御図帳」によると、北さま(於北殿)知行として合計13筆80貫文とある。



高梨政頼は、信濃・中野箱山城主で、井上清政も同様に上杉謙信側について、武田信玄に一貫して抵抗していた武将であるが、ついに旧領復活とはならず、武田との和睦に印として真田幸隆あたりの調略により、高梨政頼は娘を真田信綱に嫁がせたのであろうか?
真田信綱には、真田信興、真田信光の2人の子がいたが、生年・没年など詳しい事はわかっていない。

1561年、上杉謙信と激戦となった第4次・川中島の戦いで、真田信綱は父・真田幸隆と共に妻女山攻撃の別働隊に参加。先陣は春日虎綱、ニ陣として飫富虎昌、馬場信房、上原昌行(小山田備中守)、 甘利左衛門らとともに「きつつき戦法」隊に加わった。この時、15歳の弟・真田源五郎(真田昌幸)が初陣している。
1563年、岩櫃城攻略の前後から、真田幸隆は上野吾妻郡で活動しているので、信濃の真田本願地は真田信綱が事実上守備していたと考えられる。
1568年には、真田幸隆に代わって出陣したようで、真田昌輝と兄弟で駿河国攻めの先鋒を担い、1569年、三増峠の戦いでは真田昌輝や内藤昌豊とともに、殿軍を務めて戦功を挙げている。1572年の「信玄惣人数書上」によれば真田幸隆に代わって、真田信綱が信濃先方衆の筆頭に挙げられているので、それ以前までに真田家の実質的に家督を継いでいた可能性が有る。

1572年、武田信玄の西上作戦にも従軍し、徳川家康勢と戦った三方ヶ原の戦いでは武田軍の先手を務めて奮戦するも、武田信玄が病没した。

1574年5月に、父・真田幸隆が亡くなると、正式に真田家を相続。

1575年5月21日、武田勝頼に従い、長篠の戦いでは三尺三寸の陣太刀・青江貞を振り回し、馬防柵を次々なぎ倒し、織田信長勢に迫った。
しかし、鉄砲部隊の射撃によって弟の真田昌輝と共に討死。享年39。

信綱寺

真田信綱を討ったのは徳川勢の渡辺政綱(渡辺守綱の一族)だと言われるが、実際には織田信長配下の柴田勝家丹羽長秀、羽柴秀吉の配下ではないかとする説もある。
いずれにせよ、真田信綱の首は着用していた陣羽織に包まれて、甲冑を着たままの遺体と共に、真田家臣の北沢最蔵と白川勘解由が甲斐に持ち帰った。
この「血染めの陣羽織」は、真田昌幸が位牌所として建立した信綱寺(上田市)に収蔵されている。
なお、北沢最蔵と白川勘解由の2人は、真田信綱を追って殉死した為、真田家はその忠義を賞して北沢家に300石、白川家に200石の所領を与えた。

本来であれば、真田家の家督は嫡男の真田信興が継ぐものと考えられるが、武田勝頼武藤家を継いでいた同母弟の真田昌幸に真田家の家督を継がせた。

正室・於北は、真田の里にある信綱の館で余生を過ごしたとされ、その真田信綱の館の場所は、現在、広山寺となっており、そこに於北の墓がある。
なお、娘(清音院殿)が真田信幸(真田信之)の正室(のち小松姫が正室になったため、側室へ降格)になっており、長男・真田信吉を産んでいる。

長篠の戦い詳細版はこちら
信濃・真田古城(打越城) 信綱寺と真田信綱の墓所
高梨政頼と北信濃で君臨した高梨氏館跡~高梨頼親も
於きた【於北殿・於北様】~真田信綱の正室?

★真田家のおすすめ記事
小野お通(小野於通、小野通) 戦国時代に名を残す謎多き京の才女
信州上田・真田の里紀行 観光所要時間ルートなどご紹介
真田幸村と大河ドラマ「真田丸」 真田幸村とは、その実像は?
九度山とはどんなところ 真田庵・真田屋敷
真田十勇士とは~真田十勇士の一覧リスト
真田幸村(真田信繁)の妻と子供たち一覧表

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  4. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  5. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  5. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る