渡辺守綱のわかりやすい解説~槍半蔵と称された槍の名手で100貫文から1万4000石へ

渡辺守綱

渡辺守綱とは

渡辺守綱(わたなべ もりつな)は戦国時代の武将で、徳川家康と同じ1542年に三河で生まれました。
父は松平広忠徳川家康の2代に仕えた徳川譜代の渡辺高綱。
母は渡辺義綱の娘。

2023年NHK大河ドラマ「どうする家康」では人気声優(俳優)の木村昴さんが渡辺守綱を演じられる。


スポンサーリンク



渡辺家の祖は、平安時代に活躍した嵯峨源氏の流れを汲む渡辺綱である。

1547年、父・渡辺高綱は、三河・上野城を攻撃した際に先鋒を務め武功を挙げている。
更に、1556年、日近城の戦いにて松平義春を助けて武功があったようだ。
このあとの頃か?、渡辺守綱は元服したようで1557年から徳川家康に仕えた。
初陣は、1558年、石瀬の戦いとされ、今川義元に従う松平元康とともに、織田信長の軍勢になっていた水野信元と戦った

1560年、桶狭間の戦いのあと、1561年、20歳の時、渡辺守綱は、三河・長沢城を攻撃した際に轟木武兵衛(とどろきぶへえ)を槍で討ち取ったとされる。
1562年には今川氏真との三河・八幡の戦いに参加。
酒井忠次が今川勢の板倉弾正に敗れると、松平勢は敗走。
このとき、渡辺守綱は殿(しんがり)務めて今川勢を得意の槍で撃退した。
徳川家康から「槍の半蔵」の異名を受け、徳川十六将(徳川十六神将)のひとりに数えられることになった。

<注釈> 徳川十六将は、酒井忠次、本多忠勝榊原康政井伊直政(以上、徳川四天王)、米津常春、高木清秀、内藤正成、大久保忠世、大久保忠佐、蜂屋貞次(または植村家存(植村家政)、鳥居元忠、鳥居忠広、渡辺守綱、平岩親吉服部正成、松平康忠(または松平家忠)の面々。

1563年、三河一向一揆が勃発すると、三河・渡辺氏は熱心な一向宗(浄土真宗)の門徒でもあったため、父・渡辺高綱と渡辺守綱は一揆勢に加わり、徳川家康に反旗を翻した。
翌年、針崎一揆に加わっていた父・渡辺高綱が討死しているほか、渡辺一族の者が多くが戦死した。

<注釈> 三河一向一揆に加わった徳川家の主な家臣らは、本多正信本多正重、蜂屋貞次、夏目広次、内藤清長、加藤教明、酒井忠尚、石川康正など。


スポンサーリンク



生き残った渡辺半蔵守綱は、徳川家康から帰参を許され、姉川の戦いでは、旗本一番槍をあげている。
三方ケ原の戦いでも活躍し、長篠の戦いでは山本勘助の嫡子・山本菅助を討ち取っている。
弟・渡辺政綱は、真田信綱(真田昌幸の兄)を討ち取ったともされる。
ただ、これだけの武功を挙げても出世したとは言い難く、ようやく領地が100貫文となった。

しかし不平不満を言わず、その後も小牧・長久手の戦いなどでも先鋒として参陣。
渡辺守綱の妻は平岩親重の娘(平岩親吉の妹)で、1574年に嫡男・渡辺重綱(わたなべ しげつな)が生まれている。

1590年、徳川家康が関東に移封となり江戸城に入ると、渡辺守綱は武蔵国比企郡にて3000石となっている。

1600年、1000石を加増され、騎馬同心30人の給分6000石を追加付属されて、足軽100人の組頭となった。
指揮能力にも優れていたのであろう。

1608年、徳川家康の9男・徳川義直が尾張藩主になると、渡辺守綱は付家老として三河・寺部城に入り、合計1万4000石となっている。

大坂の陣では、出陣した尾張藩主・徳川義直の初陣を後見。
1616年、徳川家康が死去すると、領国の尾張に入った徳川義直を補佐したが、渡辺守綱は1620年に名古屋で死去。享年79。


スポンサーリンク



その後も渡邊家は、徳川将軍に拝謁できる家柄として存続した。

徳川義直とは 初代の尾張藩主・名古屋城主
三河・寺部城とは 寺部・鈴木氏
真田信綱【真田幸隆の嫡男】~長篠の戦いで散る
どうする家康【キャスト・出演者一覧リスト】NHK2023年大河ドラマ

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。