大久保忠世の解説 無骨一辺倒である蟹江七本槍の徳川重臣





大久保忠世(おおくぼ-ただよ)は、松平清康の家臣・大久保忠員の嫡男として、1532年に生まれた。七郎右衛門と称している。
母は三条西公条の娘。

三河国額田郡上和田(愛知県岡崎市)を知行した大久保家は本来、父・大久保忠員の兄である大久保忠俊が本家であったが、徳川十六神将の1人としても知られる大久保忠世の活躍により、やがて本家をしのぐようになる。

1546年に15歳で初陣を果たした。

正室は近藤幸正の娘で、1553年に嫡男・大久保忠隣が誕生している。

1555年には、今川義元蟹江城攻めに、先鋒の松平勢として加わり、陥落を成功されると言う大功をたてた。

蟹江城

やがて、徳川家康の代になると、宿老であった父・大久保忠員や子の大久保忠隣と共に、1563年の三河一向一揆でも戦功を挙げた。
戦後、大久保忠世の仲介で徳川家に帰参した武将も多いが、本多正信もその1人であり、軍事面だけでなく行政面でも手腕を発揮している。

1573年12月の三方ヶ原の戦いでは、敗戦後に意気消沈する味方の士気を挙げる目的で、天野康景と武田信玄の陣があった犀ケ崖を夜討ちしている。
この時、闇夜に紛れて銃撃し、武田勢を混乱させたため「さてさて、勝ちてもおそろしき敵かな」と武田信玄が賞賛したとされている。



1574年には、遠江・犬居城を攻略した際、崖下に落とされてしまったが、大久保忠世は崖を這い上がって、待ち伏せしていた敵兵3人を一気に斬ったと言う逸話もある。

1575年、武田勝頼との決戦・長篠の戦いでは、兄にも劣らない武功派の弟・大久保忠佐、与力の成瀬正一・日下部定好らと大活躍した事から、織田信長からは「良き膏薬のごとし、敵について離れぬ膏薬侍なり」「徳川殿は良い家臣を持っている」と賞賛を受けた他、徳川家康からは褒美として1尺4寸5分の「ほら貝」を与えられている。
この法螺貝は「長篠」と言う名がつけられて、大久保家の家宝となった。

二俣城の天守台

1575年12月、武田勝頼から奪還した二俣城の城主に命じられ、この時、現在でも二俣城跡に残る天守台などを築き改修したと考えられている。

1582年6月、明智光秀による本能寺の変のあと、徳川家康が甲斐・信濃を制圧すると、信州惣奉行として大久保忠世は小諸城に入り、依田康国の後見を務めた。

1585年、真田昌幸真田信之真田幸村との上田城の戦いにも、鳥居元忠平岩親吉らと共に出陣したが、名将・真田昌幸の前に大敗を喫した。
この時、大久保忠世は54歳であったが、以後、合戦でその名が見られない。

1590年、豊臣秀吉の小田原攻めのあと、徳川家康が関東に移封となると、豊臣秀吉の命もあって小田原城主となり45000石になった。
ちなみに、嫡男の大久保忠隣は羽生で2万石を与えられている。

なお、小田原城に入ってからも「七不食」(ななくわず)と言う、毎月、7日間は食事を取らないで、軍備を貯めると言う倹約も継続していたとされる。

しかし、大久保忠世は1594年9月15日に死去した。享年63歳。

大久保家の家督は嫡男・大久保忠隣が相続し、小田原城に入り、羽生と小田原で合計65000石となっている。

小田原城

小田原の大九寺と大久保一族の墓

二俣城主だった大久保忠世は、徳川家康の江戸入封の際に、小田原城主45000石となったが、この時、日頃から帰依していた僧・自得院日英を二俣から招聘すると、大久保忠世が開基となって大九寺(記事トップの写真)を開山とする大久保家の菩提寺とした。

大久保一族の墓

墓石は、右から小田原藩主の3代・大久保加賀守忠常(大久保忠常)、2代・大久保相模守忠隣(大久保忠隣)、藩祖・大久保七郎右衛門忠世(大久保忠世)、大久保勤三郎忠良(大久保忠勝の5男)、大久保五郎左衛門忠勝(大久保忠勝、大久保忠俊の子)、大久保常源忠俊(大久保忠世の伯父)、大久保忠良の娘(写真外)。

大久保忠世の墓

一番背の高い墓石が、大久保忠世の墓だ。

大九寺への行き方・アクセスですが、境内(山門を抜けた左)に無料の参拝用駐車場があります。
下記の地図ポイント地点が、その入口となります。(国道1号沿いで右折は困難です)

大久保忠隣の詳細はこちら
犬居城の歴史と武田流の見事な縄張り~天野景貫とは
蟹江城 豊臣勢と徳川勢の蟹江城の戦い
鳥居元忠~伏見城で華々しく散った忠義を貫いた三河武士
酒井忠次~徳川四天王、徳川十六神将の筆頭格
酒井家次~古参の譜代名門で徳川四天王筆頭の子
小諸城とは~佐久は小諸の懐古園を城跡として歩く見学ポイント
成瀬正一と成瀬正成~意外性もあった徳川家の家臣とその功績

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…
  2.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。  真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る