お紺~小寺政職の正室(小寺福職の娘?)

御着城

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 NHK2014年大河ドラマ「軍師官兵衛」に登場した御着城主・小寺政職の正室「お紺」。

 最新の研究では、同族である小寺福職の娘とされるが、この小寺福職の娘は小寺政職の母との記述もある。

 ドラマでの小寺政職とお紺の設定としては、始めはなかなか子どもが出来ず、夫婦仲も余り良くなかったとしている。

 お紺は勝気で皮肉屋なところがあったが、黒田官兵衛と出会うと当初から通い合うものがあった。

 やがて、小寺政職とお紺の間に嫡男・斎(いつき)が生まれてからは、生来の聡明さで小寺家を支えたとしています。

 やがて、お紺は死んでしまうのですが、小寺家を陰ながら支えていたお紺がいなくなった事で、小寺政職は迷走し、黒田官兵衛には人生最大の危機が訪れます。

 と言う事なのですが、調べても「お紺」に関する史料が、なかなか出てきません。
 すなわち「不明」です。

 スポンサーリンク


■小寺政隆(1472~1530)
 1519年に御着城を築き、赤松氏を守った。
 1521年、浦上村宗が赤松義村を殺害すると赤松義村の子、赤松晴政を擁立するが浦上村宗の打倒に失敗し、御着城から庄山城に移った。享禄3年に浦上村宗に攻められて自害。

■小寺則職(生没年未詳)
 享禄3年、死亡した父・小寺政職の跡を継ぎ御着城に拠った。永正年間から父と共に活動し、赤松氏の後援を行っている。
 1545年、家督を嫡男・小寺政職に譲って引退。黒田重隆を家老に抜擢し、小寺の苗字を与えた。

■小寺政職(?~1582)
 黒田官兵衛の献言により織田家へ仕えるが、荒木村重の謀反に呼応して反織田の姿勢をとったため、有岡城(荒木村重)の落城と共に御着城を逃れて中国地方を流浪し、備後鞆の浦で死去。

小寺氏職(?~1627) 
 小寺政職の子。加賀守。有庵と称し、黒田家の客分となり、のち黒田長政の家臣として福岡藩士となった。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  4. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  3. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る