斎(小寺氏職)~御着城主・小寺政職の嫡男

御着城




 小寺氏職(こでらうじもと)は、黒田官兵衛が当初仕えていた御着城主・小寺政職の嫡男。生年は不明。

 幼名や母の名は不明だが、2014年のNHK大河ドラマでは、小寺氏職の幼名を「小寺 斎」、母の名を「お紺」と想像で命名し制作した。
 母は、同族・小寺福職の娘(名前不詳)である可能性もあるが、お祖母さんであるとも考えられ、史料に乏しい。

 1576年の三木城の別所長治が毛利方への寝返り、1578年に摂津・有岡城主の荒木村重の反乱などに動揺した父・小寺政職は、 黒田官兵衛の言を入れず毛利方に寝返る。

御着城

 三木城・有岡城が相次いで陥落すると、1580年、織田信長の嫡男・織田信忠の軍勢10000により、御着城は攻撃を受けた。
 小寺政職は奮戦したが御着城から逃亡し、英賀を経由して、毛利輝元を頼り備後の鞆の浦へ逃れた。鞆の浦には、織田信長から追放された足利義昭も毛利家を頼って逃れていた。
 この際、父・小寺政職と共に、斎(小寺氏職)も行動を共にしていたと考えられる。

 しかし、毛利氏の吉川元春に小寺政職と小寺氏職は拒まれて、本能寺の変から2年後である1584年に、鞆にて父・小寺政職は没したとようだ。



 父を亡くした斎 (小寺氏職)は、黒田官兵衛を頼ったようである。
 「氏職には罪はありません。私にとっては、旧主の嫡男です」と、黒田官兵衛は寛大な心で、豊臣秀吉に訴え、斎 (小寺氏職)は播磨へ戻ることが許さた。
 飾磨津(しかまず、姫路市の南部、船場川河口左岸にある港町)に居住し、経済的には黒田官兵衛が支援したようだ。

 1586年の九州征伐後に、黒田長政が豊前・中津12万石を与えらえると、黒田官兵衛により招かれ、中津へ移住して、小寺氏職は黒田家の客分となった。

 1600年、関ヶ原の戦いの功により、黒田家が筑前・福岡藩に移封されると、それに従って200石となり、小寺加賀守氏職と名乗り、有庵と称したとも。
 大宰府で余生を送ったとされ、1627年に大宰府で死去した。

 小寺氏職の子は、いずれも福岡藩士となり、末裔には「職」の通字を代々称した家系(小寺清職(きよもと)の子孫)と、後に藤田氏と改姓した家系(藤田吉則(よしのり)の子孫)が伝わっているが、現在はいずれも小寺氏を名乗っている。

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る