勾当内侍の解説 【太平記に登場する美女】

勾当内侍




勾当内侍(こうとうのないし)は、南北朝時代の女官です。
女官(にょかん)と言うのは、宮廷で仕える女性のなかでも「官職」を持つ女性のことです。
内侍(ないし)と言うのは、その役職名で、天皇の近くで宮中における経理・総務・人事・庶務などの事務処理全般を行う、女性だけの機関で、今でいう「秘書」のような仕事とも言えるでしょう。
重要な役職であったため、学問・礼法に通じている有能な女性が任命されました。
勾当(こうとう)とは、何かを専門に担当したことを意味し、リーダーとも言える高位でした。


鎌倉幕府が滅亡して、後醍醐天皇が京に戻ったときの女官が「勾当内侍」と言う事になります。
生没年は不詳ですが、建武の新制が行われていた時の勾当内侍は、1310年頃に生まれたとされます。
出自は、公家・世尊寺家の一族とされ、諸説ありますが、一条経尹の娘(世尊寺経尹の娘)、一条行尹の娘、一条行房の娘(藤原行房の娘)、一条行房の妹ともされます。
本名は不明で、勾当内侍と、役職名で伝わるだけとなっています。

太平記によると、鎌倉陥落に尽力した新田義貞に、後醍醐天皇から恩賞として、1333年頃に、勾当内侍が与えられ、新田義貞の側室(愛妾?)になったとあります。
勾当内侍は、傾国の美女として描かれていて、新田義貞が見そめたとされ、京では勾当内侍と共に過ごしたともされます。

NHK大河ドラマ「太平記」では、宮中で名高い美女・勾当内侍を、女優の宮崎萬純さんが演じられました。
宮崎萬純さんは、太平記出演の3年後に、結婚して、俳優業を休止しましたので、出演じたい、かなり貴重だったと言えるでしょう。


1336年、新田義貞は足利尊氏によって敗れると、京都から金ヶ崎城へ落ちますが、その途中、匂当内侍を堅田に残したとされます。
その後、新田義貞は、越前の杣山城を経て、灯明寺畷の戦いで、命を落としました。

そのあとの勾当内侍の動向に関しては諸説あります。
琵琶湖の今堅田にて入水自殺したとも・・。
京都・嵯峨野(北嵯峨)で出家し、往生院(滝口寺)にて新田義貞の菩提を弔ったとも。
新田義貞の首を奪い、上野・新田庄にて葬ったなど。

ただし、太平記以外では、勾当内侍に関する記載が、ほとんど見られないため、フィクションとする考えもあります。


なお、勾当内侍の墓とされる、滋賀県大津市今堅田にある野神神社と、群馬県太田市武蔵島町の花見塚神社の脇にあります。
トップの写真は、太田市にある勾当内侍の墓で、新田義貞の墓と並んでいます。

新田義貞とは~鎌倉を落とした男【新田義貞挙兵の地】
新田義貞公首塚 (群馬県太田市) 船田義昌 匂当内侍の墓
越前・金ヶ崎城「金ヶ崎の戦い」織田信長最大のピンチ?
後醍醐天皇の負けず嫌いな執念と室町幕府や南北朝時代になった背景
杣山城~新田義貞も立て籠もった越前の山城
越前・藤島城~藤島の戦いと新田義貞最後の地である燈明寺畷
新田義貞公首塚 (群馬県太田市) 船田義昌 匂当内侍の墓

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る