黒田利高(黒田利隆、黒田小一郎、黒田兵庫助、黒田兵庫頭利高)とは



黒田利高(くろだとしたか、黒田利隆、黒田小一郎、黒田兵庫助、黒田兵庫頭利高)

黒田利高は1554年生まれで、黒田職隆の次男。母は小寺政職の養女(明石宗和の娘)。黒田官兵衛(黒田孝高)の弟が黒田利高だ。
「黒田家二十四騎」「黒田家八虎」の筆頭。性格は実直で柔和、思慮深く、物事に動じなかったと言われ、黒田官兵衛の嫡男・黒田長政の後見役を務めた。

織田信長による中国攻めが始まると、兄・黒田官兵衛とともに羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)の配下として、弟達とともに羽柴秀吉の馬廻り組となり、織田信長に味方した。

1578年10月、黒田官兵衛が荒木村重の説得のため有岡城へ行き、そのまま投獄された際に、黒田家家臣は動揺したが、家臣たちは、黒田長政を守り立て、黒田官兵衛の父・黒田職隆と、叔父の休夢、そして、黒田利高の命令に従うことを誓っている。(黒田家文書)

1580年 町坪城の戦いでは、英賀城主・三木通秋に加わっていた町ノ坪弾五郎を倒して町ノ坪城主となった。



織田信長が本能寺明智光秀に攻められ没すると、兄・黒田官兵衛(黒田孝高)と共に羽柴秀吉(のちの豊臣秀吉)に仕えた。

小牧・長久手の戦いでの泉州岸和田の陣、四国攻めに独立武将として参戦。その後、黒田家に戻り、1586年の九州攻めでは先手を務めて黒田長政を助けた。
兄・黒田官兵衛、黒田長政が中津城120000石を領すると、高森城主として10000石を領した。
豊前で土豪一揆が起きると宇佐神宮を守り抜き、母里太兵衛らとともに宇佐郡の土豪を鎮めた。
兄と共にキリシタンになったと言うが、洗礼名は不明。

道で駕籠に乗った黒田長政に出会えば、馬から飛び降りて頭を地に付けて平伏し、黒田家の家臣たちに藩士としての手本を見せた事でも知られる。
また、黒田官兵衛と間違われるほど筆達者で、書状がよく残っている。

黒田利高は、宮本武蔵の父・新免無二之助を招いて中津藩士に剣を学ばせていたとされ、その甲斐あってか、子の黒田政成は石垣原の戦いで戦功を挙げ、黒田長政の筑前入国後14000石を領している。

1592年「文禄の役」に参陣したが帰国後、休戦後、1596年、黒田利高は和泉国堺で療養中に没した。思慮深く、心の広い人物だった。

宮本武蔵の生涯と真実を追って~熊本と霊巌洞と武蔵塚も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2. 阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達輝…
  3. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  4. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  5. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  4. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  5. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る