長野業正とは~猛将・長野業政に手こずった武田信玄


スポンサーリンク
スポンサーリンク

1491年に生まれた箕輪城主・長野業正(ながの-なりまさ)の父は、長野憲業・長野信業・長野方業の3説があり、良くわかっていない。
なお、生年は1499年とする説もある。
本姓は在原氏で、祖先は在原業平と称している。

この頃の長野家は、関東管領・山内上杉家に臣従しており、上泉信綱ら箕輪城周囲の豪族・国人をまとめて「箕輪衆」と呼ばれた。
長野家は上野守護代であり、白井長尾家にて長尾景誠が暗殺されると、白井長尾家の実権を手に入れ、山内上杉家での権限を強めて行った。

 スポンサーリンク


北条氏康との河越夜戦にも上杉憲政に従って出陣しており、この時に怪我をした子の長野吉業がほどなく死去している。

1547年には、信濃の志賀城主・笠原清繁が武田信玄に襲撃され、上杉憲政は援軍を出したが、この時、長野業正は出陣に反対している。
その為、軍記物では長野業正の反対を押し切って救援に向かったため、上杉憲政は笛吹峠の戦い(碓井峠)にて、武田信玄に敗れたとされている。

また、一時、領地を失った真田幸隆を箕輪城にて保護している。

1552年、御嶽城が陥落すると、上杉憲政に従っていた、諸将が離反し、箕輪城の長野家も反旗を翻した。
これにより上杉憲政の馬廻衆も離反し、平井城から上杉憲政は退去した。

この時、長野業正(長野業政)は小田原城主・北条氏康にも屈せず、小大名として独立した勢力となったが、1557年からは武田信玄の侵攻を度々受けることとなる。
しかし、箕輪城に籠城するなどして数回撃退し、1560年に上杉謙信が関東遠征を行い厩橋城に入ると、白井長尾氏・惣社長尾氏と共に、上杉勢として小田原城を包囲した。

「業政が上野にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」と武田信玄を悩ませ、老練の技で武田勢から西上野を守った長野業正(長野業政)であったが、1561年11月22日(異説では6月21日)に病死した。享年71(享年63とも)。

長野業正(長野業政)の正室は上杉朝良の娘。側室に沼田顕泰の娘が見受けられる。
子は、長野吉業、長野氏業(長野業盛)、長野正宣、長野業朝がいる。
また、彦根藩家老の長野業親も、長野業正の子てあるとされ、井伊直政に仕えて次席家老になった。

長野業正のあとは、14歳だった長野業盛が家督を継いだが、ここはチャンスと武田信玄は攻勢に出て、2年後に箕輪城は陥落している。


浜川系図によると、娘は12人いるが、下記にまとめて置く。

小幡城主・小幡信貞の正室(長女)、国峰城主・小幡景定の正室(次女)、忍城主・成田氏の正室(三女)、山名城主・木部定朝の正室(四女)、大戸城主・大戸左近兵衛の正室(五女)、和田城主・和田業繁の正室(六女)、倉賀野城主・金井秀景の正室(七女)、羽尾城主・羽尾修理亮の正室(八女)、浜川城主・藤井氏(箕輪長野家の家老)の正室(九女)、厩橋城主・長野氏の正室(十女)、板鼻鷹巣城主・依田氏の正室(十一女)、室田鷹留城主・長野業固の正室(十二女)。

小国の悲哀・上州の名将~長野氏の墓

▼上杉・武田・北条の大勢力が取り合った戦国の上州(上野国いまの群馬県)。
関東管領・上杉憲政が、越後の長尾(上杉謙信)のもとに逃げ出したのちも、名城・箕輪城(高崎市)に拠って、上州を守り抜いた男がいた。

▼「業正(業政)ひとりが上野(こうづけ)にいる限り、上野を攻め取ることはできぬ」
と武田信玄をして嘆かせたと言われるほど、この長野業正は数度にわたって武田軍を撃退している。

▼彼の死を知った武田信玄は、「これで上野を手に入れたも同然」と、すぐに軍を上野に向けたという。
永禄4年(1561年)11月業正病死。享年71。あるいは享年63。

長野業正は死去する前、嫡男・長野業盛を枕元に呼び寄せて「私が死んだ後、我が法要は無用。敵の首を墓前に一つでも多く供えよ。敵に降伏してはならない。運が尽きたなら潔く討死せよ。それこそが私への孝養、これに過ぎたるものはない」と遺言したという(関八州古戦録)。

長野家菩提寺・長年寺(高崎市下室田)

長野家菩提寺・長年寺

長野家菩提寺・長年寺

長野氏の墓

長野氏の墓所

長純寺(高崎市箕郷町富岡)にも長野業政公の墓所がある。

長純寺の長野業政墓所

▼長野業盛が14歳で当主を継いだが、1566年(永禄9年)、2万の武田軍に攻められ、箕輪城は落城、長野業盛も自刃した。

辞世は「春風に梅も桜も散り果てて名のみぞ残る箕輪の山里」

長野業盛は、僧・法如によって井野川のほとりにひっそりと葬られていたが、平成11年の土地改良で、なりもりぼえん(高崎市井出町)と言う立派な墓地が近くに建てられた。

長野業盛の墓

※長野氏の墓寄稿(柳生聡)

箕輪城への行き方と駐車場の場所
長野無楽斎【長野正次】と長野業実(向坂伝蔵)
後閑氏の存亡と後閑信純とは~後閑城の訪問記
剣聖上泉伊勢守信綱~新陰流の創始者で剣豪の上泉信綱とは
関東管領の上杉憲政とは~平井城と平井金山城




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。(…
  2. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る