米沢の林泉寺にある上杉家墓所~仙洞院・菊姫・直江兼続・お船の方の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

米沢の林泉寺(りんせんじ)は、米沢藩上杉家の菩提寺で、米沢城から南の方角にあります。

なお、戦国時代における上杉謙信の居城・春日山城の山麓にも林泉寺があります。
関ヶ原の戦いの後に米沢に入った上杉景勝の実母(上杉謙信の姉で長尾政景の妻)である仙洞院(仙桃院)が、1617年に林泉寺14世・万安大悦を招いて、高田・林泉寺の古規にならって、米沢にも林泉寺として堂塔伽藍を建立したのです。

 スポンサーリンク


現在の伽藍は、江戸時代に焼失したあと1732年に再建されたものです。

歴代藩主の墓は、上杉家廟所に設置されたため、林泉寺にはありませんが、藩主の正室や子女の墓があります。

境内には上杉景勝の正室となった武田信玄の5娘・菊姫の墓や、菊姫を頼った武田信玄の6男である武田信清の墓、上杉謙信の姉・仙洞院の墓、甘糟景継の墓、会津若松城主・保科正之の娘である媛姫(はるひめ)の墓、直江兼続と正室・お船の方の墓所もあります。

林泉寺の墓地

※各写真はクリックすると拡大致します。

直江兼続の墓・お船の方の墓

直江兼続・お船の方の墓

上記と下記の写真は、直江兼続の墓とお船の方の墓です。

直江兼続の墓とお船の方の墓

直江兼続の墓(左)だけでなく、お船の方(貞心尼)の墓(右)も一緒に並んでいると言うのは、これも珍しい部類です。
たいてい、並んでいたとしても、奥様の方は墓碑が小さかったりすることが多いのですが、お船の方も、男性家臣並みの扱いを受けた女性ですので、このように立派に供養されているのですね。

甘糟備後守景継の墓

上杉景勝の重臣・甘糟景継の墓もありました。

甘糟備後守景継の墓

次に上杉家墓所へ進んでみました。

林泉寺の上杉家墓所

仙洞院の墓

まずは仙洞院の墓にお参りしました。
上杉謙信の姉であり、長尾政景の妻として上杉景勝を産んだ女性ですね。

仙洞院の墓

菊姫の墓

武田信玄の娘・菊姫の墓です。上杉景勝の正室となった女性です。

菊姫の墓

その他、上杉家関連もまとめて掲載致します。

媛姫の墓

上記は媛姫(はるひめ)の墓。

上杉駿河守勝周の墓

上記は分家である上杉駿河守勝周の墓です。

お豊の方の墓

お豊の方は、上杉鷹山の側室でしたが、正室が亡くなったあとの賢夫人として有名です。

市姫の墓

上記の市姫は、松平勝茂の長女ですが、徳川家康の養女となって、米沢藩3代・上杉定勝の正室となった女性です。

武田信清の墓

上記は、武田信玄の6男・武田信清の墓です。姉・菊姫を頼って、上杉家にて家臣に加わり安田信清と称しました。

林泉寺の墓所地図

本堂内部の有料拝観と、境内墓地の有料拝観の2種類があり、拝観時間は9:00~17:00ですが、冬季(12月1日~3月31日)は拝観休止です。
境内に無料駐車場が10台ほどあります。
ちなみに見学所要時間は30分といったところです。
駐車場にトイレ完備。

出羽・館山城~伊達家最初の米沢本拠地?
長尾政景の溺死事件と仙桃院の数奇なる運命の果て
春日山城 戦国の息吹を感じ妄想も広がる山城
米沢城と上杉神社~訪問記・写真集
上杉神社の残りの写真は「米沢の上杉神社と松岬神社」にて特集掲載中
上杉景勝(詳細版)~豪毅果断・潔白謹厳な武将
直江兼続~戦国の上杉家を支えた智勇兼備の名将
甘糟景継(甘粕景継) ~上杉家の勇猛な家臣
菊姫 (武田信玄の娘、上杉景勝の正室)
上杉家廟所~米沢の国指定史跡
米沢・堂森善光寺と前田慶次の無苦庵跡~慶次清水

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  4. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  5. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
  4. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る