臨済寺の訪問記~今川氏輝の墓と太原雪斎の墓


スポンサーリンク
スポンサーリンク

臨済寺(りんざいじ)は今川家の菩提寺で、今川館(現在の駿府城)の北西方向になる賤機山(しずはたやま)の麓にあります。

元々は、今川義忠の正室・北川殿(伊勢宗瑞の姉(北条早雲の姉))の別邸跡であり、今川氏親が出家した子の栴岳承芳(今川義元)のために建立した善得院がありました。
今川氏輝の墓を善得院に置いたことから、今川氏輝の法名に由来して「臨済寺」と改め、京都妙心寺霊雲院の大休宗休を開山としました。

 スポンサーリンク


2代目の住持としては、大休宗休の弟子である太原雪斎(太原崇孚雪斎)が招かれた訳です。

戦国時代に分散していた今川家歴代の墓所も、のちにこの臨済寺に集約されて、境内には今川氏輝・今川義元らの墓所がある他、歴代今川当主の位牌も安置されています。

臨済寺

また、徳川家康が松平竹千代と名乗っていた幼少期に、今川家の人質だった際には、この臨済寺にて太原雪斎から教育を受けたしても知られています。
下記写真は本堂(大方丈)で、国の重要文化財です。

臨済寺の本堂

なお、臨済宗妙心寺派の臨済寺は現在でも修行僧が生活・修業している寺のため、本堂前までは入れますが、その他は通常拝観できない非公開です。
そのため、年2回だけ特別拝観が実施されますので、国の名勝にも指定されている「庭園」などは、その特別拝観日にしか見学できません。

徳川家康手習いの部屋(復元)

上記写真は駿府城の展示である徳川家康手習いの部屋の復元です。

境内墓地の最上段、一番上の塀や垣根に囲まれた場所には今川氏輝の墓と、太原雪斎の墓があるそうですが、案内板も無く、普段の日はとても訪問を歓迎しているような雰囲気ではなかった為、断念しました。
訪問を終えてから再度調べてみると、なんとか行けそうですので、特別拝観でも機会があった際に、お参りしたいと考えておりますが、何かあったら自己責任です。

臨済寺

行き方・アクセス

JR静岡駅から安東方面行きのバスで約15分、臨済寺前バス停にて下車して、徒歩3分です。
静岡・臨済寺に到着して左折すると、墓地の手前にお参り用の駐車場がありますが、数台しか止められませんので、檀家さんなどの迷惑になら無いよう、混雑していたら止めるのは遠慮しましょう。

今川義元とは
太原崇孚雪斎~黒衣の宰相の真実とは【戦国人物伝1】
太原雪斎とは~今川家を導いたその計れ知れない英知
寿桂尼~今川家の政務を行った駿河の女大名
今川氏親と北川殿~今川家の危機を乗り越え遠江を手中に収めた絆は強し
駿府城に関してはこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2015年 9月 25日
  2. 2015年 11月 21日

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  3. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  5. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  4. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る