早雲寺~北条5代の墓がある北条家菩提寺【箱根湯本】


スポンサーリンク
スポンサーリンク

箱根湯本にはかれこれ50回は訪れたことがありますが、今まで「早雲寺」に行ったことはありませんでした。
そのため、梅雨の晴れ間を突いた、早雲寺のレポートを掲載させて頂きたく存じます。

早雲寺

早雲寺は、1521年に北条早雲(伊勢盛時)の遺言を受けて、小田原城主・北条家2代目の北条氏綱が、京都・大徳寺の第83世以天宗清を招いて創建した寺です。
500名を超える衆僧がいた関東随一の大禅刹(禅寺)であったと言います。

早雲寺

箱根の旧東海道沿いに山門があり、1590年に豊臣秀吉小田原攻めをした際には、一時、豊臣秀吉の本陣が早雲寺に置かれました。

 スポンサーリンク


しかし、石垣山城が完成すると、広大な面積であった早雲寺や湯本一帯は焼き払われたと言います。
使うだけ使っておいて、それは無いですよね。

早雲寺の庭園

上記は、北条幻庵が造営したとされる早雲寺の枯山水庭園です。
北条家滅亡後は庇護を失い荒廃していましたが、江戸時代の1627年に、僧侶・菊径宗存が再建し、1648年には、徳川幕府3代将軍・徳川家光から朱印状を受けて復興しました。

北条五代の墓

上記は北条五代の墓(供養塔)です。
北条氏規の子孫であり、狭山藩北条家5代目になっていた北条氏治が、北条早雲の命日である1672年8月15日に建立したものです。
本堂の左手にある墓地の北側にあります。

早雲寺

その説明版の写真です。
各写真はクリック(タップ)すると拡大します。

早雲寺

上記は、連歌師・宗祇の石碑です。

早雲寺への行き方・アクセスですが、下記の地図をご参照願います。
箱根湯本の駅から歩いても行けますが、坂を登って約10分といったてころです。
なお、数台程度止められる早雲寺の駐車場もありますが、平日でも満車でしたので、下記の箱根町の町営有料駐車場(400円)に止めました。
地図のポイント地点が、有料駐車場の入口付近となります。

箱根湯本に宿泊なさった際には、是非、足を伸ばしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、箱根湯本温泉ですので、お時間があれば日帰り温泉などお勧めです。

神奈川県の日帰り温泉情報

北条早雲に関してはこちら
小田原城とは~戦国時代の北条家遺構と総構え、江戸時代の遺構 訪問記
最後の北条家当主である北条氏直の墓はなぜココに?~広島「海蔵寺」訪問記
北条氏綱とは~関東進出の基盤を作った政治力ある小田原城主
北条幻庵~実は文武両道の名将である北条家の長老と北条幻庵屋敷跡
訪問しておきたい神奈川県の城郭・寺院・古戦場など一覧リスト

北条五代を大河ドラマに

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  2. 小少将小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  4. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  5. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…

人気の戦国武将

  1. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
  4.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る