鈴木孫一(雑賀孫一)~石山合戦では雑賀衆の鉄砲隊にて織田勢を撃退



鈴木孫一(すずき-まごいち)は、鉄砲傭兵集団・雑賀衆の有力者である鈴木氏の頭領。
雑賀孫一とも呼ばれ、雑賀衆の頭目とされるが、雑貨衆を支配していた訳では無く、5つくらいの勢力が集まった雑貨衆の代表のような感じである。
また「孫一」と言う名は、雑賀衆・鈴木氏が代々継承する通称であり、鈴木孫一とされる武将は、鈴木重意(?~1585年?)、鈴木義兼(?~1589年?)、鈴木重秀(1546年?~?)、鈴木重朝(1561年?~1623年?)、鈴木重次(1598年~1664年)と複数おり、実績などは非常に混同しやすい。

一般的には、鈴木重秀(すずき-しげひで)が鈴木孫一としては一番有名だが、このページでは、あえて鈴木孫一は誰なのかは追求せず、石山合戦に名前が出てくる「雑賀孫一」としてご紹介する。

雑賀孫一(鈴木孫一)は、1534年生まれとされるが、前述の通り、詳しい事は良くわからない。



織田信長が攻めた石山合戦では、本願寺顕如を支援するため、鉄砲に優れた雑賀衆(さいかしゅう)を率いて石山本願寺の籠城に加わった。
雑賀衆では一向宗の門徒(信者)が多かったためだと推測できる。
ちなみに、敵対していた根来衆は織田勢を支援している。

塙直政が討死した天王寺の戦いでは、出陣した織田信長とも直接対決している。
ちなみに、この戦の後、京では孫一の偽首が晒されたと言うので、武名も高かったのだろうが、雑貨孫一なのか、それとも鈴木重秀の話なのか、判断も難しい。
ただし、雑賀鉄砲衆は鉄砲隊を前後2列に配置して、交互に発砲する戦術を取り、大活躍したと言う。

1600年、関ヶ原の戦いでは、伏見城の戦いなど石田三成の西軍に協力し、伏見城攻めでは鳥居元忠を討ち取っている。
戦後は浪人となり、その後、伊達政宗に世話になったあと、水戸藩に仕官したと言うが、没年は1589年5月2日ともあり、とにかく、分からないことだらけである。

※写真は「孫市の街まちづくり」さまより。

本願寺顕如~信長を困らせた浄土真宗の名僧
下間頼龍~本願寺の僧侶であり武将としても活躍した重鎮
乃美宗勝とは~浦宗勝とも名乗り水軍を率いた小早川家の勇将
児玉就英とは~毛利水軍を率いた草津城主
原田直政(塙直政)~山城と大和の支配を任された織田家の家臣
九鬼嘉隆~九鬼水軍を率いた織田家・豊臣家の水軍大将
紀伊・雑賀城 豊臣勢に雑賀衆が抵抗した拠点と雑賀撃ち
鳥居元忠~伏見城で華々しく散った忠義を貫いた三河武士
伏見城の戦いと伏見城 【関ヶ原の戦い前哨戦】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…
  3. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  4.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  5. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  3. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  4. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  5. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る