竹中重門(竹中半兵衛の子)~関ヶ原の戦いでは黒田長政と一緒に戦った



軍師・竹中半兵衛の嫡男・竹中重門は、竹中半兵衛が亡くなった1579年当時でまだ6歳であった為、一族の竹中重利の後見を受け、竹中重門が元服した際には黒田官兵衛が烏帽子親を務めた。

羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕えており、1584年の小牧・長久手の戦いに従軍。

1588年には従五位下丹後守となり、翌1589年、美濃国不破郡5000石となり、岩手城(竹中氏陣)を整備。

正室は加藤光泰の娘。加藤光泰は美濃衆で、羽柴秀吉に仕えており、1585年には大垣城主20000石、1591年3月には甲斐信濃120000万石に移封している。

竹中重門は1590年の小田原征伐にも従軍し、文禄の役では名護屋城に駐屯。慶長の役では軍目付として朝鮮へ渡海した。

のち、戦功によって河内国内に1000石を加増され、1600年の関ヶ原の戦いでは、当初西軍に属して犬山城主・石川貞清を助けるも、井伊直政の仲介によって東軍に鞍替し、みずからの本拠地・菩提山城を徳川家康に提供。



幼なじみでもある黒田長政の軍に合力して、黒田勢と共に関が原で戦い、さらに戦後まもない9月19日、伊吹山山中で、西軍の武将・小西行長を捕縛するなどの大功を挙げ、徳川家康から直筆の感状を受けた。

また、関ヶ原は竹中家の所領であったことから、戦没者に対する供養料1000石を下賜されるなど、幕府旗本(交替寄合席)として美濃岩出山6000石を安堵され、竹中家が代々継承した。

庶子の1人は黒田長政との縁により福岡藩黒田家に重臣として仕えている。

徳川政権になると竹中氏陣屋に拠点を移し、二条城の普請や大坂の陣にも参加したが、1631年に江戸にて死去。享年59。墓所は東京都港区の泉岳寺。


竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地
竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
竹中重矩~軍師・竹中半兵衛の弟とは?
大垣城の歴史と大垣城の戦い~大垣城訪問記
岡山烽火場(丸山)黒田長政・竹中重門の陣跡~関ヶ原がキレイに見え気軽に登れる展望地
東首塚と井伊直政・松平忠吉陣跡【駅からも近い関ヶ原の史跡】
竹中重利とは~大分城(荷揚城)を大改修し大分市の礎を築いた武将
関ヶ原・八幡神社~領主である竹中重門が創建した神社で関ヶ原徳川本陣の一角

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2019年 6月 05日


気になる戦国女性

  1. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  5. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る