竹中重矩(竹中久作)~軍師・竹中半兵衛の弟とは?



 竹中重矩(たけなかしげのり)は、1546年に誕生した。通称は竹中彦作、竹中久作。
 父は斎藤氏家臣の大御堂城主・竹中重元。母は不詳だが、父の正室は杉山久左衛門の娘。
 2歳年上の兄に竹中半兵衛(竹中重治)がおり、1562年、父が亡くなると兄が家督を継いだ。

 兄・竹中半兵衛(竹中重治)が、1564年2月に、稲葉山城を奪取した際には、稲葉山城に人質として入っていた竹中重矩(19歳)が病気を装い、兄・竹中半兵衛(竹中重治)が、見舞いと称して安藤守就ら十数名とともに城内に入る口実となった。
 この時主君・斎藤龍興は稲葉山城を奪われたのだ。

 1567年、斎藤家が滅亡した後は、兄・竹中半兵衛と共に織田信長に仕えた。



 なお、竹中重矩の妻は中川重政の姉妹。この中川重政は織田信長の黒母衣衆。

 1570年、浅井長政との姉川の戦いにも参陣した。
 この時、織田勢を装って織田信長の本陣に切り込んだ、浅井家の勇士・遠藤直経を、旧知であった竹中重矩(29歳)が見破り、遠藤直経(遠藤喜三郎)を討ち取る武功を挙げている。
 なお、この武功は、重臣・不破矢足が討ち取った首を、もらい受けたとも言われている。

 1579年6月13日、播磨の高松城攻めの最中に陣中で病死した兄・竹中半兵衛に代わり、6月22日、羽柴秀吉(豊臣秀吉)の与力に加わった。
 1582年3月、織田信長に従い、武田勝頼攻めの信濃に出陣している。

 しかし、1582年6月、明智光秀により織田信長が本能寺の変で死去した後、美濃国不破郡長佐村で起こった郷士一揆と戦いとなって、6月25日、竹中重矩は討死した。享年37。
 墓所は禅幢寺

禅幢寺~名参謀「竹中半兵衛」と竹中重矩(竹中久作)が眠る竹中氏の菩提寺
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
竹中半兵衛 ~豊臣秀吉の天下統一を一緒に夢見た名軍師
安藤守就とは
竹中重門(竹中半兵衛の子)~関ヶ原の戦いでは黒田長政と一緒に戦った
人質の黒田長政(松寿丸)を保護した不破矢足と五明稲荷神社
竹中氏陣屋と岩手城~破却を免れた立派な櫓門と水堀がある竹中家先祖伝来の地

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  5. 石井彦鶴姫は、1541年に肥前・飯盛城主である石井常延(石井兵部少輔常延)の次女として生まれました。…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。 戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  4. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 …
  5. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る