蠣崎光広(蠣崎光廣) 蠣崎氏拡大の策士

徳山館・大舘




蠣崎光広(かきざき-みつひろ)は、蝦夷・勝山城主である武田信広(蠣崎信広)の嫡男として1456年3月に生まれました。
母は安東政季の娘(蠣崎季繁の養女)です。
父は、1457年に、コシャマインの戦いを策略を用いた制した有能な武将であり、子の蠣崎光広も賢かったようで、智将と言えます。
上記の通り、下国恒季(安東恒季)を廃することにも成功していますが、蠣崎家は、檜山城主・安東氏の代官として蝦夷をまとめていると言う立場でした。

永正9年(1512年)4月にアイヌの酋長ショヤ・コウジ兄弟が蜂起します。
詳しいことは不明ですが、アイヌ人は6月27日の早朝に大舘を攻撃して、相原季胤と村上政儀が討死しましたが、これは蠣崎光広(蠣崎光廣)の策略とも言われています。
そして、蠣崎光広と子の蠣崎義広が1513年に鎮圧していますが、大舘を襲撃したのはアイヌに偽装したこの2人の軍勢だったとも・・。


そして、蠣崎光広(蠣崎光廣)は1514年に松前大館を手に入れると、上之国の勝山城から、小舟180隻を率いて本拠を松前に移し、居館を改修して名称を徳山館と改めました。
ちなみに、勝山城には次男の蠣崎高広が入っています。

その1514年には、函館の与倉前館・小林季景の子である小林良治(小林景宗、小林小三郎景宗?)が、蠣崎光広を頼って徳山館に来ています。
このとき、宇須岸館主・河野季通の娘(3歳)も、乳母に負われて松前に逃れており、のち蠣崎光広の子・蠣崎季広が正室に迎えています。

また、1515年6月、連勝して勢いに乗るショヤ・コウジ兄弟に率いられた東部アイヌ軍が徳山館を攻めていますが、和睦交渉を持ちかけると、アイヌ軍の酋長兄弟や主だった者は、徳山館にて謀殺されており、蜂起は鎮圧されました。

これらの功績を掲げて、主君である安東家の惣領・安東尋季(安東忠季の子)に、松前守護を認めてほしいと、2度も願い出ていますが、蝦夷の血統でないものにはその権限がないとされ、許されてはいません。

しかし、弁舌に長けた紺備後という浪人を使者として送ると、嫡男・蠣崎義広に松前守護を安堵され、念願であった渡島半島の支配権を手に入れました。
ただし、商船と旅人から徴収した税の過半数を、檜山安東氏に贈ると言う条件で妥協したとも言われています。


蠣崎光広(蠣崎光廣)は、1518年7月12日に死去。

家督は、蠣崎義広(かきざき-よしひろ)が継いでいます。

蝦夷地探訪シリーズ

徳山館・大舘 みどころ 【蝦夷・北海道】
蠣崎義広とは アイヌとの戦いにあけくれる
蠣崎季広とは
松前城の景観と松前慶広とは~福山館の戦国期と幕末期
松前藩屋敷のみどころと駐車場の場所
花沢館と蝦夷を統治した蠣崎季繁とは
茂別館と安東家政とは 道南十二館のひとつ
蝦夷の志苔館と小林良景 コシャマインの戦い
松前ブローウニンの幽閉地と高田屋嘉兵衛~ゴローニン事件
函館の地名の由来にもなった宇須岸館と河野政通~函館南部陣屋も
出羽・染川城 安東惟季 想像掻き立てられる海辺の城
檜山城 広大な檜山安東氏城館跡 紅葉の様子も
蝦夷地の史跡巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  4. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…
  5. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 徳川家康
    徳川家康(とくがわいえやす)は、戦国大名で、征夷大将軍となって江戸幕府を開いた戦国三英傑のひとりです…
  4. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る