武田信広の優れた知略と蠣崎光広~本拠地にした勝山館【蝦夷・北海道】

勝山館

スポンサーリンク
スポンサーリンク

武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青井山城にて生まれたとされます。
幼名は彦太郎ですが、母は不詳です。
北海道の勝山城と共にご紹介してみます。

父である武田信賢(たけだ-のぶかた)は、1467年から応仁の乱となると、細川勝元に属して一色義直らと戦いますが、劣勢のさなか、1471年6月2日に病死します。

若狭・武田家の家督は、父の弟・武田国信(たけだ-くにのぶ)が継いでいます。

 スポンサーリンク


その応仁の乱より前の1452年に、12歳の武田信広は、佐々木繁綱(佐々木三郎兵衛門尉繁綱)、工藤祐長(工藤九郎左衛門尉祐長)ら合計6名にて夜陰に紛れて出奔したとされます。

しばらくは、古河公方足利成氏に身を寄せたあと、東北の奥へと赴き、聖寿寺館(本三戸城)の南部光政を頼ったようです。
そして、陸奥宇曽利に移ると、田名部・蠣崎を知行するようになりました。

1454年8月28日には、その安住の地を追われた?ようで、安東政季(安東師季)と共に南部大畑から蝦夷地に舟で渡り、花沢館蠣崎季繁を頼りました。
蠣崎季繁は、安東家の被官と言う立場で、一緒に厄介になったと言う事だと存じます。

そして、武田信広は、安東政季の娘を妻に迎えており、1456年には嫡男・武田光広が生まれています。

1457年、アイヌによる道南十二館への攻撃が始まり、コシャマインの戦いとなると、道南十二館のうち志苔館など10館が陥落し、残るは花沢館と茂別館のみとなり、もう少しで滅亡の危機に立たされました。
しかし、武田信広が指揮をするようになると、体勢を立て直して反撃に出たため、アイヌ勢は駆逐されていきます。
そして、武田信広は、七重浜にて首謀者コシャマイン父子を、弓で討ち取りました。

この功績により、武田信広の功名は轟き、花沢館の蠣崎季繁は嗣子がいなかったため、武田信広の妻を自分の養女にする形で、まもなく家督を譲ったと推測されます。
こうして武田信広は蠣崎信広と名乗っており、松前藩主松前氏の元祖と言われます。

ただ、武田信広(蠣崎信広)は、花沢館には入らず、1458年に完成した洲崎館にいたようで、一族・親族を集めると「建国之大礼」(国主になったと言う儀式)を執り行ったと伝わります。
すなわち、各領主の合意を得て、平穏無事に蠣崎家の家督を継いだと言う事になります。
下記写真は洲崎館です。

洲崎館

洲崎館は現在、砂館神社の境内になっています。

砂館神社

下記写真は、勝山城から見た上之国で、写真の左半分のほぼ中央が、洲崎館がある場所となります。

勝山城からの眺め

洲崎館跡には土塁と堀跡も残っているとされます。

洲崎館

養父・蠣崎季繁が1462年に亡くなると、花沢館を廃城として新たに勝山館を築城開始しました。

勝山館

この勝山館(かつやまだて)は、福山城(松前城)と同様に、北海道ではかなりの規模の山城です。

勝山館

また、文明7年(1475年)には、樺太アイヌの首長から貢物の献上を受けて、樺太も支配したと言われています。

1494年5月20日に武田信広(蠣崎信広)は死去。享年64。
家督は子の武田光広が継ぎました。

蠣崎光広

武田光広の名前は一般的に蠣崎光広(かきざき-みつひろ)として知られており、もちろん蠣崎氏を継承しています。
蠣崎光広(蠣崎光廣)は、1514年に本拠地を松前の大館(徳山館)に移しており、勝山城には次男・蠣崎高広が入っています。

勝山館

時代は流れても、アイヌは度々蜂起しており、4代・蠣崎義広のとき1529年、勝山館はアイヌのタナサカシに包囲されています。
5代・蠣崎季広のとき、蠣崎高広の子である蠣崎基広(かきざき-もとひろ)は、謀反を起こしますが、1548年、蠣崎季広の家臣・長門広益に敗れて討死しました。享年48。

勝山館

そのため、以後、勝山城には、蠣崎家の家臣・南条広継(なんじょう-ひろつぐ)が入っています。

勝山館

しかし、蠣崎季広と従兄弟・蠣崎基広との家督争いで、正室(蠣崎季広の長女)が実弟の蠣崎舜広(蠣崎季広の長男)と、明石元広(蠣崎季広の次男)を毒殺した罪に連座し、永禄5年(1562年)に自害させられています。享年34。
この南条広継の自害では「逆さ水松」という伝説も残されています。

逆さ水松

妻の悪行に対して、夫の南条広継は、身の潔白を訴え、自害する際には、礼服に身を包んで棺に入ったと言います。
その時、一本の水松を棺の上に「逆さ」に生けさせました。
水松(みづまつ)と言うのは、海辺にある松の別名で、上之国の場合、イチイと言う針葉樹になります。
そして南条広継は「水松が根付いたら身に悪心ない証であり、三年たっても遺骸が腐っていなかったら、それこそ潔白である」と言い残しました。
そして、節を抜いた青竹で呼吸しながら、棺の中で鉦を鳴らし、経文を読誦したとされます。
その鉦の音と読経の声は3週間も続いたそうです。
のち水松が成長し、3年たつと、さかさオンコ(逆水松)になりました。
北海道や北東北の方言では水松のことをオンコと言います。

勝山館からの眺め

その後の勝山城ですが、1596年には、檜山番所が置かれたことから、使われなくなった模様です。

勝山城

上ノ国・勝山館への登り口は麓の国道228号の上国寺付近からの登城口と、もう一箇所、高いところからとなる夷王山の脇からの2箇所あります。
両方とも近くに立派な無料駐車場がありますので、当方のオリジナルGoogleマップにて場所を示しておきました。

勝山城

なお、距離は麓からでも山上部からでも同じくらいなようですが、麓からの方が勾配はありますので、ラクに見学できるのは、山上の夷王山の脇にある勝山館跡ガイダンス施設側からとなります。
勝山館跡ガイダンス施設の脇から下の方に続いている散策路を下って行ってください。

勝山館

北海道の史跡はどこも綺麗に整備されていますので、トレッキングポールは不要で、スニーカーで十分です。
見学所要時間は30分~60分といったところです。

勝山館

標高128mの山城となる勝山館の背後から山頂に向かっては、中世和人の墳墓群(夷王山墳墓群)があります。

夷王山墳墓群

下記は夷王山となりますが、当然、見張り台の役目は果たしていたことでしょう。

夷王山

2017年に続日本100名城にも選ばれた国史跡・上之国勝山城への行き方ですが、JR江差線・上ノ国駅からタクシーで約10分でしたが、その江差線は2014年に廃止となっています。
そのため、現在は、道南いさりび鉄道とJR北海道の北海道新幹線の「木古内駅」から函館バス「江差木古内線」に乗って、大留バス亭下車で徒歩20分といったところです。
函館や木古内からですと、江差・松前「バス3日間」乗り放題キップも便利です。
ただ、バスの本数は1日7本くらいしかないので、函館などからレンタカーが良いでしょう。

国指定史跡の勝山城、江差方面では見逃せない史跡です。
近くには、花沢館、洲崎館もありますので、セットでどうぞ。

蝦夷地探訪シリーズ

安東政季までの安東氏盛隆~安藤康季と安藤義季
花沢館と蝦夷を統治した蠣崎季繁とは
茂別館と安東家政とは 道南十二館のひとつ
蝦夷の志苔館と小林良景 コシャマインの戦い
徳山館・大舘~蠣崎光広(蠣崎光廣)と蠣崎季広
松前城の景観と松前慶広とは~福山館の戦国期と幕末期
蝦夷地の史跡巡り用「北海道観光オリジナルGoogleマップ」

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  4. 立花誾千代とは立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  2. 淀城には「淀古城」と「淀城」の2つがありますが、その理由と歴史について調べてみました。ま…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
  4.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  5.  石田三成の波乱に満ちた生涯について公開されているホームページは多い。ただし、年表式に石田三成を解釈…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る