大須賀忠政~8歳にして横須賀城主に抜擢された徳川家臣


スポンサーリンク
スポンサーリンク

大須賀忠政(おおすが-ただまさ)は、1581年、榊原康政の嫡男(一説に次男)として生まれました。
母は大須賀康高の娘です。

母の父・大須賀康高は、徳川家の重臣であり、大久保忠世鳥居元忠にも劣らない武功を挙げていて「徳川二十将の1人」と称される勇将です。

しかし、1589年に大須賀康高が死去すると、跡継ぎがいなかったことから、榊原忠政が母の出身である大須賀家の養子となり、8歳にして横須賀城主となりました。

なお、徳川家康からは松平姓を与えられ、徳川家康の養女(松平康元の娘)を正室に迎えています。

榊原家は2人の弟である榊原忠長と榊原康勝が、それぞれ継ぎました。

 スポンサーリンク


1590年、豊臣秀吉小田原攻めのあと、徳川家康が江戸城主となると、大須賀忠政は上総・久留里城主として3万石となりました。

1599年には豊臣姓も下賜されています。

1600年、関ヶ原の戦いでは、奥平信昌らと徳川本陣に加わりました。

1601年2月、久留里城から遠江・横須賀城6万石に加増移封されると、大須賀忠政は横須賀藩の初代藩主となっています。

1605年、大規模な検地を行なって城下町の整備を行いました。

1607年春、病に倒れれると養生のために上洛しましたが、9月11日に伏見にて死去しました。享年27。

墓所は静岡県掛川市山崎の撰要寺です。

子・大須賀忠次が家督を継いでいますが、のちに大須賀忠次は榊原家に嫡子がいなかったことから、榊原家の家督を継承したため、大須賀家は断絶しています。

榊原康政とは~武勇と知勇を馳せた徳川家の重臣
久留里城~南総里見氏全盛期の本拠地に気軽に登ろう
横須賀城(遠江)訪問記・写真集~見応えのある城郭遺構
徳川家康最後陣跡~陣場野・床几場【関ヶ原の史跡】

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市…
  2.  久保姫(くぼひめ)は、大館城主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。  通称は杉目御前、笑…
  3. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。 本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…

人気の戦国武将

  1.  真田幸村(真田信繁)とは?どのような人物だったのか?  真田幸村は1567年に武藤喜兵衛昌幸(の…
  2. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  3. 南渓瑞聞(なんけいたんぶん)とは、井伊谷城主・井伊直平の次男である。 生年は不明。 戦国初期…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る