北条氏繁・北条氏舜・北条氏勝とは


スポンサーリンク
スポンサーリンク

北条氏繁北条氏舜・北条氏勝

北条綱成の嫡男・北条氏繁(1536年~1578年)は初名を福島康成(北条康成)と言い、別名では左衛門大夫、常陸介を名乗った。正室は北条氏康の娘を迎えたとされ、子に北条氏舜・北条氏勝・北条氏成(北条直重)・北条直胤・北条繁広がいる。

父・北条綱成(北條綱成)と同じく武勇に優れていたとされ、羽生城攻略、第2次国府台の戦い、関宿城攻略などに功があった。1561年上杉謙信小田原城攻めや、1569年武田信玄の小田原城攻めにおいても玉縄城にて籠城し守り抜いたとされる。

北条氏繁(北條氏繁)は北条氏康(北條氏康)からの信任も厚く、常陸・上総・下総方面を任され1577年には藤沢より鋸曳き職人らを呼び寄せて、逆井城(飯沼城)を大規模な改修もしている。

1578年、父・北条綱成に先立って逆井城(飯沼城)にて病死したが、子の北条氏舜(?年~?年)が跡目を継ぎ1580年には岩付城主を経て玉縄城主に戻り、相模国東郡で、鳥を射ったり、仕掛けて取ることを禁じる法度を公布している。
その後、北条氏舜の名は見られなくなり、弟の北条氏勝(1559年~1611年)が家督を継いだ。

 スポンサーリンク


1590年、豊臣の小田原攻めの際に北条氏勝は伊豆・山中城に篭城するが、先陣である中村一氏、一柳直末・一柳直盛の兄弟ら大軍の豊臣勢には勝てず辛くも城を脱出。そして自害を図るが、弟の北条直重・北条繁広の諫言により本拠である玉縄城へ戻り籠城した。

その後、玉縄城は徳川家康勢に包囲されるが戦闘は行われず、徳川家康の家臣・松下三郎左衛門と、その一族で北条氏勝の師事である玉縄城下の龍宝寺住職の説得により1590年4月21日に降伏・開城した。

降伏後は、豊臣勢の案内役として帯同し、忍城攻めなど、関東各地の北条配下諸城への攻撃に加わっている。

北条氏滅亡後、北条氏勝(北條氏勝)は徳川家康の家臣として仕え、関が原の合戦などで功績を重ね、丹波亀山城の城代も務めている。
そして、下総・岩富藩10000石の藩主となると領内の基盤整備を進める一方で、徳川秀忠の信頼も厚かったと言う。
死後は養子になっていた北条氏重が後を継いだ。

亀山城から本能寺の変は始まった~亀岡城訪問記(丹波亀山城)


スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2. 古文書に魅了されて早うん年の戦国未来(せんごくミク)と申します。 今回ご紹介するのは、『以貴小…
  3. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…

人気の戦国武将

  1. 松山城(まつやまじょう)は、伊予(愛媛)の松山にある標高132m、比高約90mの連郭式平山城で、津山…
  2. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  3.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。  武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…

オリジナル戦国グッズ

限定「頒布」開始しました。無くなり次第終了です。
戦国オリジナルバック

 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります
 オリジナル書籍
柳生一族
2016年10月、書籍・電子書籍にて販売開始

 オリジナル電子書籍

2016年8月、戦国武将研究会著作
ページ上部へ戻る