明智玉子(細川ガラシャ)とキリスト教の関係考察


スポンサーリンク
スポンサーリンク

細川ガラシャ姫(ほそかわ-ガラシャ)。

このお名前を聞くと「悲劇の姫」とイメージされる方も多いかと思います。

果たして彼女の人生は「悲劇」だったのでしょうか?

今回、わたくしが書かせて頂く題材は「明智玉子とキリスト教」について。

玉子姫とキリスト教の関係について、個人の見解のもとに綴らせて頂きます。

 スポンサーリンク


明智玉子(あけち-たまこ)。
1563年、越前国にて、明智光秀と煕子姫の三女(諸説あり)として誕生致します。

「玉子」その名前の由来は「玉のように愛らしい子」と云われております。

側室を置かず妻煕子のみを愛し続けた光秀公。
浪人時代の貧しい生活の中でも光秀公を支え続けた煕子姫。

仲睦まじい両親の愛情を一身に受け、活発で天真爛漫に育ったと表現されることが多いようです。

玉子姫にとって、この二人の姿こそあるべき夫婦の姿であり、夫婦とは、家族とは、支え合うことが当然だと、幼心に感じていたのかもしれません。

 

その後、父の主君、織田信長公のすすめにより、以前より交流のあった細川藤孝の嫡男、細川忠興の元へ天正6年、1578年に嫁ぎます。

同じ歳の二人は共に美しく、人形のように愛らしくお似合いだと、周囲にも大層祝福された婚姻であったと伝えられております。

細川忠興 細川ガラシャ 婚姻の地 勝竜寺城

子宝にも恵まれ幸せな新婚生活から4年後、本能寺の変が起こります。

父の謀反の真意は分からなかったにしろ、玉子姫は細川家は明智家のお味方をしてくれると信じたかったでしょう。

ほどなくして玉子姫は、父や母の死、明智家の滅亡を知ります。
そうして「逆臣の娘」となった玉子姫は、丹後の味土野へ幽閉されてしまいます。

忠興公が危険を冒してまで自分を守ってくれようとしている…感謝したとは思いますが…

大切な家族を失い、その家族は夫に見限られ、山奥に一人ただ生かされる自分…この時の玉子姫の虚無感は計り知れないものがあったかと思います。

そしてこの味土野の地にて、自分自身と向き合うことになります。

玉子姫と共に味土野へ向かった人物の中に、公家の出である清原いとという女性がいたと云われております。

いとの父は清原枝賢という儒家で、キリシタンでもある人物。

いとが洗礼を受け清原マリアとなるのは、細川家が大坂玉造に移ってからですが、いとは父を通し幼い頃からキリスト教の教理に触れていたでしょうし、慈善活動のこと等も玉子姫に話していたかもしれません。

いとは玉子姫を慕い、彼女の侍女となります。

いとの自分へ投げかける言葉は深く温かく、何も無い山の中でも微笑む姿、そして何より自分を真摯に想ってくれる心…玉子姫はいとの姿を通し、キリスト教へ惹かれていったのかもしれません。

 

その後、秀吉公の許しを得て、大坂玉造にて忠興公達と暮らせるようにはなりましが、織田方が玉子の命を狙うのではないか、好色な秀吉に玉子の美しさが伝わるのではないかと、忠興公が玉子姫を想うあまり、屋敷の奥から外出すら出来ない生活を送ることになります。

ただ、味土野での幽閉生活中に、忠興公は側室を持っていたと伝えられております。

家族は滅び、自身も戻れる日は来ないかもしれないと、忠興公や子供達のことを想い、一人味土野の山奥で生きた日々…そんな時に夫は…

武家として側室は当たり前。

ただ、父と夫を重ね…忠興公に幻滅したかもしれません。

自身は父と母のような夫婦にはなれないのだなと、虚しかったかと思います。

 

わたくしは、味土野での2年間の日々が、彼女の人生の中でもっとも重要だったのではないかと思っております。

 

玉子姫ほど、神仏を信用していない人間はいないと思います。

なぜならあれほど祈ったのに願ったのに、父は、明智家は、救われなかった。そして自分も…この世に神も仏もないと。

 

ならば、なぜキリスト教には惹かれたのでしょう?

 

戦国の世の習わし、戦国の世に生きる女の宿命。

玉子姫にとってこの世は疑問と矛盾だらけで、その答えを指し示してくれたのが、キリスト教だったのではないかと思います。

秀吉公がバテレン追放令を出しても、細川家に危険が及ぶ可能性があっても、忠興公に反対され侍女の耳や鼻を削がれても、教えを貫いた。

いえ、貫けたのは、キリスト教こそ自身の生きる道だと、心から信じることが出来たからではないでしょうか?

 

貧しいながらも愛されて育ち、出会う者がみな、自分を美しい言い、格別に扱う。

自分には価値がある。特別。だからこそどんなことへも恐れなく、率直に意見が言えた。

それも美しいということで、聡明だと称された。

ただ、美しさには寿命があること、その虚しさも充分に理解していた。

そして本能寺の変により崩れ去り、丸裸の一人の人間となり…

丸裸の身でキリスト教に触れ、自身の愚かさを教えられた。

それと同時に父の真心は崇高であり、ただの謀反人ではない。

キリスト教の教えがそう言ってくれた、そんな気がしたのではないでしょうか。

 

一人の人間として、真の幸せを追い求めた。それは不幸なことなのでしょうか?


「散りぬべき 時知りてこそ 世の中の 花も花なれ 人も人なれ」

~ 花は散るべき時を知っている だからこそ花として美しい 花も人も散り時を心得てこそ美しい わたくしもそうでありたい ~

明智玉子。

最期まで美しく気高くありたい。それが明智の生きる道だと。

それこそが彼女の幸せだったのではないでしょうか?

 

真の幸せは誰かや外から与えられるものではない。自身の中に見つけるものだと、彼女の生き方から教えられた気がします。

(寄稿)今井かな

細川ガラシャの悲しい生涯を知って頂きたい(明智珠、明智玉)
明智光秀に関してはこちら
細川忠興~文武両道の名将として戦国の世を・・
細川幽斎(細川藤孝)~断固たる態度を取った戦国大名
石田三成に関してはこちら
天下分け目の山崎の戦いと勝竜寺城~明智光秀は遠慮して負けたか?
大阪城の史跡巡り観光堪能2時間コースのご紹介

共通カウンター



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク

今井 かな乙訓戦国つつじ副代表・春うらら組・NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊「細川ガラシャ」役・役者・MC・モデル

投稿者プロフィール

タレント、リポーターを経て、現在は甲冑劇やおもてなし活動を通し、歴史の観点から地域を盛り上げる活動を行う団体「乙訓戦国つつじ」の副代表として活動。甲冑劇や幕末劇に出演し、NHK大河ドラマ誘致キャラバン隊の細川ガラシャ役、本能寺おもてなし隊の濃姫役、役者、イベントMC、モデルとしても活動中。その他、兵庫県立明石城では春うらら組としても公演を行い、詩吟「摂楠流」門下でもある。

HP→ https://www.facebook.com/kamokamo04


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  2.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  3.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…

人気の戦国武将

  1. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  2.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る