浅井久政 行政手腕や外交手腕を発揮し小谷城を強固にした戦国大名





浅井久政(あざい-ひさまさ)は戦国時代の1526年、浅井亮政の長子(庶長子の説あり)として誕生した。
諸説あるが生母は側室・馨庵(近江尼子氏)とされる。
なお、浅井過去帳などによると、浅井久政は六角宗能(六角親泰)の側室・浅井千代鶴が産んだ子で、尼子氏の娘は養母とされる。

1542年、父・浅井亮政が死去したため浅井家2代目となった。
勇猛な父・浅井亮政とは異なり、浅井久政(あざい ひさまさ)は、武勇に冴えなかったとされ。
亡くなった父・浅井亮政は正室(蔵屋)との間に1人の娘(浅井鶴千代)しか生まれておらず、この浅井鶴千代(海津殿)に、浅井一族の田屋明政(田屋氏は浅井氏庶家)を婿にとり、跡継ぎとして「浅井明政」と名乗っていたが、その後に側室との間に浅井久政が生まれたことで家督は浅井久政が継ぐことになったと考えられている。


なお、家督を継いだ頃、浅井久政は正室に近江豪族の井口経元の娘・小野殿(阿古御料人)を迎えたようだ。
1545年に浅井久政の嫡男として浅井長政が誕生している。

義兄・浅井明政は姓を「田屋」に戻して身を引いたと言うが、浅井久政の家督相続に納得いかず、京極高延と手を組み反乱を起こしたともされている。

いずれにせよ、旧主家の京極高延と六角義賢の圧迫を受けた浅井久政は六角義賢に臣従し、六角家の配下となった。
このように六角家の庇護を受けた事で、浅井家は力を蓄える事となり、小谷城の山上に六坊を築いて寺社政策などを押し進めるなど、着々と領国基盤を築き上げる事に成功した。

しかし、1559年、嫡男・浅井長政を六角家の家臣・平井定武の娘と結婚させ、浅井家が六角家に飲み込まれることを恐れた、浅井家の譜代家臣はこのような浅井久政の方針に反発。

赤尾清綱・海北綱親・遠藤直経ら重臣は知勇に優れた若き浅井長政を擁立し、浅井久政が鷹狩りに出かけた留守に、浅井長政を小谷城へ迎え入れた。
驚いた浅井久政は、家臣を集めようとしたが誰も集まらず、仕方なく琵琶湖の竹生島に逃れている。


そして、浅井長政は六角家に反旗を翻し、正室・平井定武の娘と離縁して六角家に返し、1560年には六角承禎の大軍を野良田の戦いで破り、浅井長政が家督を継承した。

1560年10月、正室・小野殿が竹生島の浅井久政を訪ねて、子の浅井長政との和解を勧め、浅井久政は小谷城下の別邸にて隠居した。しかし、以後も父として浅井長政に対して様々な意見を通しており、この家督移譲には不明瞭な点が多い。

やがて、浅井家は織田信長の妹・お市の方を、浅井長政の継室に迎えて、織田家と同盟するが、浅井久政は旧来からの朝倉家との同盟を重視した発言が目立っている。

しかし、最終的に朝倉家は織田信長に滅ぼされ、その帰りに織田勢は小谷城を包囲。

1573年、小谷城の京極丸を羽柴秀吉(豊臣秀吉)に落とされ、浅井久政が籠城した小丸と、浅井長政の本丸とは分断された。
羽柴勢はそのまま小丸を攻撃すると、最期を悟った浅井久政は井口越前守・脇坂久右衛門らを呼び、切腹するため敵勢を食い止めるように言い渡す。
そして、浅井久政は一族の浅井福寿庵、舞楽師の森本鶴松大夫と共に盃を交わした後、切腹した。享年48。
福寿庵(惟安)が介錯し、次に福寿庵を鶴松大夫が介錯した。
なお、鶴松大夫は「主君と同じ座敷では恐れ多い」と庭で切腹し、それを見届けた脇坂久右衛門も、切腹したと言う。

次の日には本丸も落ち、父の助命を条件に降伏しようと、浅井長政は城を出ようとしたが、父の死を知った。
これまでと観念し、浅井長政は本丸の袖曲輪にある家老の赤尾屋敷で赤尾清綱、弟の浅井政元らと共に自刃し、浅井家は滅亡した。享年29。介錯は木村太郎次郎。
墓所は滋賀県長浜市の徳勝寺。辞世は伝わっていない。

お市の方は3人の娘(茶々、初、江)と共に、藤掛永勝らによって救出され織田家に引き取られたが、浅井長政の長男・万福丸はお市の方の助命嘆願もかなわず羽柴秀吉の手により捕われて殺害(享年10とも)され、次男・万寿丸は出家させられ近江長沢村、福田寺の住職となった。

浅井長政・浅井久政親子の首は京で獄門にされている。

1573年9月19日、浅井久政の正室・小野殿は、織田家に捕らえられ、十指を数日の間にじわじわと切断され、死亡したと伝わる。


また、浅井長政・浅井久政・朝倉義景の頭蓋骨は薄濃(はくだみ、漆塗りに金粉を施すこと)にして、翌年正月に酒の肴として楽しんだと伝えられているが、本当かは定かではない。
小谷城は廃城にした上で、戦功のあった羽柴秀吉(豊臣秀吉)に与えられ、羽柴秀吉は長浜城を新たに築いた。

浅井家のカテゴリはこちら
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
朝倉義景とは~朝倉家百年の栄華
姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将
小谷城の訪問記と小谷城の戦い~浅井家の滅亡・浅井御殿も

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る