朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将





朝倉景健(あさくらかげたけ)は、越前朝倉家の一族の越前安居城主・朝倉景隆の末子として誕生したが、生年などは不明。
1570年頃、父・朝倉景隆の嫡男や舎弟などが1年のうちに3人死去し、続いて父・朝倉景隆も死去。その為、末子の朝倉景健が跡を継いだ。
朝倉景健は、1570年に織田信長が越前へ侵攻した際には、朝倉景健は1500を率いて防戦。
その直後の姉川の戦いに朝倉勢の総大将として参陣するも徳川家康勢に押されて総崩れとなり、浅井長政の敗戦要因となった。
その後の1570年9月20日、下坂本の合戦では、先鋒として山崎吉家らと共に織田家の森可成と織田信長の弟・織田信治ら750余人を討った。

1573年8月13日、刀根坂の戦いでは、大敗して自刃しようとした主君・朝倉義景を説得して、越前国へ逃がすことに成功している。



しかし、朝倉景鏡の手により朝倉義景が亡くなると、織田信長に降伏すると安居城と所領を安堵され、姓を「安居」(あご)と改めた。

1574年、越前で一向一揆が起きると一揆勢に降伏。

1575年、織田軍の越前再侵攻の際には一揆勢が劣勢となると織田勢へと再び叛意し、一揆の指揮官であった下間頼照・下間頼俊らの首を持参して織田信長に謁見。
しかし、許されず、織田信長の命を受けた向久家により謀られて、1575年8月21日に自害させられた。
朝倉景健の家臣・金子新丞父子、山内源右衛門の3名が追腹を切り殉死している。

朝倉義景墓所が福井県大野市にある。

姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
越前・亥山城~朝倉景鏡と杉浦玄任の本拠地
朝倉景鏡~朝倉家を最後に裏切った筆頭一族
但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥
疋壇城(疋田城) 刀根坂の戦いの7日後に朝倉氏滅亡

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る