朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将


スポンサーリンク
スポンサーリンク

朝倉景健(あさくらかげたけ)は、越前朝倉家の一族の越前安居城主・朝倉景隆の末子として誕生したが、生年などは不明。

1570年頃、父・朝倉景隆の嫡男や舎弟などが1年のうちに3人死去し、続いて父・朝倉景隆も死去。その為、末子の朝倉景健が跡を継いだ。

朝倉景健は、1570年に織田信長が越前へ侵攻した際には、朝倉景健は1500を率いて防戦。
その直後の姉川の戦いに朝倉勢の総大将として参陣するも徳川家康勢に押されて総崩れとなり、浅井長政の敗戦要因となった。
その後の1570年9月20日、下坂本の合戦では、先鋒として山崎吉家らと共に織田家の森可成と織田信長の弟・織田信治ら750余人を討った。

1573年8月13日、刀根坂の戦いでは、大敗して自刃しようとした主君・朝倉義景を説得して、越前国へ逃がすことに成功している。

 スポンサーリンク


しかし、朝倉景鏡の手により朝倉義景が亡くなると、織田信長に降伏すると安居城と所領を安堵され、姓を「安居」(あご)と改めた。

1574年、越前で一向一揆が起きると一揆勢に降伏。

1575年、織田軍の越前再侵攻の際には一揆勢が劣勢となると織田勢へと再び叛意し、一揆の指揮官であった下間頼照・下間頼俊らの首を持参して織田信長に謁見。
しかし、許されず、織田信長の命を受けた向久家により謀られて、1575年8月21日に自害させられた。
朝倉景健の家臣・金子新丞父子、山内源右衛門の3名が追腹を切り殉死している。

朝倉義景墓所が福井県大野市にある。

姉川の戦いと遠藤直経~信長暗殺を進言した知勇兼備の謀将【姉川合戦場探訪】
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
越前・亥山城~朝倉景鏡と杉浦玄任の本拠地
朝倉景鏡~朝倉家を最後に裏切った筆頭一族
但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  2. 竹林院(ちくりんいん)の生年は不明。本名は利世(りよ)、安岐姫ともあるが、小説などでの創作名であ…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…
  5. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…

人気の戦国武将

  1. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4.  天正壬午の乱(てんしょうじんごのらん)は、1582年6月、織田信長の死後、空白地帯となった甲斐・信…
  5. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る