朝倉景鏡~朝倉家を最後に裏切った筆頭一族

亥山城


朝倉景鏡

朝倉景鏡(あさくら-かげあきら)は、朝倉家10代当主・朝倉孝景の弟である朝倉景高(あさくら-かげたか)の子となり、母は権中納言・烏丸冬光の娘です。
1525年に生まれたとされています。
父は、兄・朝倉孝景と不和となり、越前の大野郡司を罷免されましたが、子の朝倉景鏡は継承できたようです。
朝倉一族衆ま中でも朝倉景鏡は筆頭であり、度々、朝倉勢の総大将として出陣も果たしており、金ヶ崎の戦いでも、逃げる織田信長を追撃しました。


しかし、父がそうであったと同じく、越前朝倉氏第11代当主の朝倉義景とは、次第に馬が合わなくなったようです。
そして、1572年、織田信長が浅井長政小谷城を攻めた際にも、援軍として朝倉勢を率いた朝倉景鏡でしたが、この時、同行していた朝倉家の重臣である前波吉継桂田長俊)、富田長繁、毛屋猪介らが次々に織田勢税に寝返りました。

1573年に再び、織田勢が小谷城を囲むと、朝倉景鏡は合戦続きで疲労がたまっていると言う理由で、出陣を拒否します。
そのため、当主の朝倉義景が自ら兵を率いて浅井長政を助けようとしましたが、逆に大敗を喫して、命からがら一乗谷城に帰還します。
更に、織田信長は越前に攻め入ったため、兵の立て直しが不可能な当主・朝倉義景に対して、朝倉景鏡は自領の大野に逃れて再起を図るよう進言しました。
そして、当主・朝倉義景は小少将、愛王丸ら妻子を連れて、亥山城近くに用意された賢松寺にて宿泊していました。
この賢松寺は、現在、存在していないため、推測となっていますが、現在の曹源寺辺り(下記写真)ではないかと考えられているようです。

曹源寺

この大野・洞雲寺は、二宮左近将監の庇護を受けて、1455年に薩摩国日置郡の元勅が開いた寺となります。
江戸時代には、朝倉義景の墓もありましたが、のち朝倉義景墓所の場所に移されています。

しかし、朝倉景鏡は裏切って、200騎にて賢松寺を包囲し、朝倉義景を自害に追い込み、妻子を捕縛しました。
そして、朝倉景鏡は義景の首級と、捕縛した母親・高徳院と、妻子・近習らを織田信長に差し出し、降伏が許されていますが、戦国大名としての朝倉氏は滅亡したのです。

こうして、朝倉景鏡は亥山城(土橋城)の本領安堵となり、城の名前と織田信長から一字を貰って、名前を土橋信鏡と改めました。
しかし、天正2年(1574年)に、桂田長俊を滅ぼそうとした、富田長繁の一揆が越前一向一揆に進展します。
そのとき、2万の一揆軍の大将・杉浦玄任は、織田家の家臣にっていた溝江長逸、富樫泰俊らも討ったため、朝倉景鏡は城を捨てて平泉寺に籠りました。
しかし、一揆勢が迫ると果敢に戦い、家来もわずか3騎となると突入して、朝倉景鏡は討死したと伝わります。
遺児の12歳と6歳の子は、捕らえられて処刑されました。

こうして、越前全域を一向宗門徒が支配すると、本願寺から杉浦玄任(すぎうら-げんにん)が大野郡司に任命されて、亥山城(土橋城)を居城としています。

朝倉義景とは~一乗谷朝倉家百年の栄華
一乗谷城(一乗谷朝倉館)と一乗谷城の戦い~朝倉氏の栄華
朝倉景健 (安居景健)~姉川の戦いでの朝倉勢大将
前波吉継(桂田長俊)~朝倉家の重臣でしたが主家を裏切ったその顛末は?
富田長繁とは~武勇に優れた猛将も一向一揆と家臣らの統制は失敗した?
越前・亥山城~一向一揆の大将「杉浦玄任」も
越前・戌山城~整備されている要害
浅井長政(詳細版)~初陣で3倍の敵兵力に勝利した勇将
小谷城の訪問記と小谷城の戦い~浅井家の滅亡・浅井御殿も
平泉寺のコケ~心洗われる壮大な宗教都市のおもかげ
但馬・朝倉城 朝倉氏の本貫地で越前・朝倉氏もここから発祥
北陸の史跡巡りにも便利なオリジナル地図

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • いくさびと
    • 2019年 1月 12日

    朝倉義景は、信長包囲網の足を引っ張った凡将・愚将と見られがちですが、果たして本当にそうなのでしょうか。一族や有能な家臣に立て続けに見限られたあたり、どこかのほほんとした空気があったようにも思えますが、私が注目したいのは一乗谷の戦いよりも金ケ崎の戦いです。浅井長政を味方につけました。これは信長も秀吉も家康も光秀(かつての家臣)も読めず、結果大敗を喫します。浅井には朝倉への恩義があったのは事実でしょう。しかし、義兄を裏切るまでの行動に出たのは信長の専横が過ぎたのか、あるいは義景には人を引き付ける魅力があったのか…
    「麒麟が来る」では光秀の前半生を描くにあたり、朝倉義景は相応のキーパーソンになると思われます。違う義景像を期待したいです。


気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  4. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  5. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の1582年6月2日の本能寺の変で織田信長を倒して明智光秀ですが、なかなか味方してくれる大名…
  2. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  5. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る