井伊直盛と祐椿尼【今川義元の家臣で井伊直虎の父】桶狭間での討死~おんな城主直虎


スポンサーリンク
スポンサーリンク

井伊直盛(いい-なおもり)は、今川家に属する井伊谷城主・井伊直宗の子として1506年に生まれた。

詳しい事は不明だが、1530年頃に井伊直盛(井伊信濃守直盛)は新野親矩の妹・祐椿尼(名前不詳)を正室として、娘・次郎法師(井伊直虎)が誕生したものと推測する。

この父・井伊直宗が1542年8月、三河・田原城の戦いで討死したため、37歳の井伊直盛(井伊信濃守直盛)が家督を継いだ。

この以前の井伊家に関しての詳細はこちら

 スポンサーリンク


新野親矩(新野左馬助)の妹が祐椿尼(友椿尼とも、松岳院)だが、2017年のNHK大河ドラマでは「千賀」と言う名前で、財前直見さんが演じる。
祐椿尼は「ゆうちんに」と読む。

井伊直盛には跡継ぎとなる男子がいなかったため、弟・井伊直満の子・井伊亀之丞(井伊直親)を婿養子として迎え、次郎法師(井伊直虎)と結婚させようと考えた。
下記は、井伊家居館跡となる。

井伊家居館跡

しかし、井伊家の筆頭家老である小野道高(小野政直、小野和泉守)はこの継承を快く思わず、井伊亀之丞(井伊直親)の父・井伊直満と、その弟・井伊直義武田信玄と勝手に戦った(内応した?)と、今川義元に報告。
その結果、今川家から謀反の疑いをかけられ、井伊直満と井伊直義の2人は、1544年12月23日に自刃させられた。

井殿の塚にある井伊直満・井伊直義の輪塔

そのため、自害した井伊直満の子・井伊直親(10歳)にも追ってがかかり、信濃に落ち延びて身を隠した。
次郎法師(井伊直虎)は出家して祐圓尼(ゆうえんに)と称している。

1554年に小野道高(小野政直、小野和泉守)が死去すると、1555年、逃亡していた井伊直親は今川家の家臣に復帰。
ただし、信濃での逃亡を援助した井伊一族・奥山親朝の娘を正室に迎えており、祐圓尼(井伊直虎)はそのまま生涯独身を貫いている。

1559年に尾張統一を果たした織田信長を攻略するため、今川義元は1560年5月に大軍を動員して尾張へ侵攻。
この時、井伊直盛は今川勢の本隊5000に加わって参陣しており、二俣城主・松井宋信と共に先鋒を担当している。

そして、桶狭間の戦いとなった。

桶狭間古戦場公園

豪雨の影響にて休息中に、織田信長勢の急襲を受けた今川勢は混乱をきたして総崩れとなり、今川義元が討死。
今川家の家臣も松井宗信、久野元宗、由比正信、一宮宗是、蒲原氏徳らが討死した。

この時、今川義元本陣の前衛を守備していた井伊直盛は、織田信長の軍勢の突撃を受けて、壮絶な戦いとなっていた。
井伊直盛に従っていた有力家臣も16人がことごとく討ち死にしている。
最後と覚悟した井伊直盛も、奥山孫一郎(奥山朝利の子)に介錯を頼んで自刃した。享年54(推定)。
なお、一族の家老・中野信濃守が井伊谷城を預かるように遺言を残したとされている。

井伊直盛は、井伊家の菩提寺である龍泰寺に葬られ、寺名は井伊直盛の法号と同じ「龍潭寺」にと改名された。
そして、南渓和尚により16名の家臣と共に井伊直盛の葬儀が執り行われている。
井伊直盛の法名は龍潭寺殿前信州太守天運道鑑大居士。
下記が龍潭寺の井伊家墓所にある井伊直盛の墓。

龍潭寺の井伊家墓所にある井伊直盛の墓

また、龍潭寺には井伊直盛と共に討死した家臣16名の墓もある。
下記がその桶狭間の戦いにて討死した井伊家の家臣の墓。
破損もしているように風化が激しいことから、戦国時代の墓石であることがわかる。

桶狭間の戦いにて討死した井伊家の家臣の墓

井伊家の家督は井伊直親が継ぎ、いよいよ今川氏真を見限って、徳川家康に接近するようになる。

次郎法師の母・祐椿尼は、井伊直盛の死後、松岳院と称して龍潭寺の南側に住まいを得ていたようで、次郎法師と共に晩年を過ごしたようだ。

松岳院跡

そして、1578年7月、祐椿尼(松岳院)は死去した。(松岳院殿壽窓祐椿大姉)

桶狭間の戦いとは~桶狭間はこんなところだったよ~桶狭間古戦場跡
今川義元は領国経営に優れた優秀な戦国大名だった
織田信長に関してはこちら
井伊直虎とは~おんな城主になった訳と次郎法師のまとめ【2017年大河ドラマ】
井伊直親とは~井伊家を継ぐもその悲運となった生涯と直虎との関係
昊天と傑山~龍潭寺の僧で南渓和尚の弟子の井伊家での活躍
新野左馬助とは~井伊家を救った今川家の目付である新野親矩の果たした役割
龍潭寺の訪問記(詳細版)
井伊直虎は「男」だったのか?~新説と見解をご紹介ご意見も募集
井伊直虎ゆかりの地を観光するお勧めスポット【おんな城主・直虎】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  3.  阿南姫(おなみひめ)は、米沢城主・伊達晴宗の長女として1541年に生まれた。兄に岩城親隆、弟に伊達…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 安土城(あづちじょう)は、琵琶湖東岸の標高199m安土山に織田信長が命じて築城した山城(比高112m…
  3. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  4. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう?状況的には豊臣秀吉が父親であ…
  5.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る