井上九郎右衛門 (井上之房) ~黒田家4代に仕えた家老

井上九郎右衛門


井上九郎右衛門(井上之房、いのうえゆきふさ)は、1554年、播磨国姫路の豪族・井上之正の子として生まれた。幼名は井上彌太郎(井上弥太郎)。

姫路城主・黒田職隆(黒田官兵衛の父)に小姓として仕えると、黒田官兵衛黒田長政、黒田忠之と4代に仕え、黒田家内では家老を務め、黒田二十四騎、黒田八虎の一人で、特に武功優れた勇者を黒田八虎と呼んだがその筆頭が井上九郎右衛門となっている。

井上九郎右衛門は礼儀正しく武勇もあり、黒田職隆が隠居して黒田官兵衛に家督を譲った後も、井上九郎右衛門は引き続き黒田職隆に仕えたと言う。
 
正室は櫛橋伊定の娘。

黒田官兵衛が有岡城荒木村重に捕われた際には、敵地の有岡城に忍び込んで、牢の周りを徘徊して安否を気遣い、栗山善助らと救出に成功した。
黒田職隆が亡くなった後は、黒田官兵衛が6000石で家臣に加えている。



中国征伐や四国征伐には参加しなかったが、豊臣秀吉小田原攻め、朝鮮出兵、関ヶ原の戦いにも参加した。
特に関ヶ原の戦いの際の石垣原の戦いでは、大友義統の家老・吉弘統幸を一騎打ちにて討つ武功を挙げている。
1601年、井上九郎右衛門は黒田如水(黒田官兵衛)に従って伏見にて徳川家康とも拝謁している。
翌年には黒田長政の使いとして江戸に登り、徳川秀忠から栗毛の馬を拝領。
その縁で、井上九郎右衛門の長男・井上庸名は、徳川秀忠に仕え、井上庸名は後に6000石の旗本になっている。

黒田長政の筑前国への移封の際に黒崎城を築城して城主となり、16000石を領し「井上周防」を名乗っている。

1632年、福岡藩のお家騒動である黒田騒動を家老の栗山大膳(栗山利章)が起こすと、栗山利章と結んで倉八正俊を排斥。隠居後は剃髪して「道柏」と名乗った。
 
1634年に病死。行年81歳。墓所は福岡県岡垣町の龍昌寺。

黒田官兵衛とは 黒田家とは~名軍師・黒田孝高、黒田如水の詳細紹介
黒田光姫 (櫛橋光) (くろだてる)~黒田官兵衛の正室
栗山善助(栗山利安、栗山備後)~黒田家の知恵者
吉弘統幸とは~最後は義を重んじた歴戦の猛者

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  3.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  4. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  5. 奈多夫人(なだふじん)は大友義鎮(大友宗麟)の継室です。 奈多城主でもある八幡奈多宮の大宮司・奈多…

人気の戦国武将

  1.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  2. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  3. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  4. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る