伊豆・長浜城と北条水軍の駿河湾海戦~長浜城の訪問記


スポンサーリンク
スポンサーリンク

伊豆の長浜城は、駿河湾に面する重須湊を守るための城と考えられ、戦国時代関東一円を治めた北条氏北条水軍の基地であった。

小田原北条氏の祖、伊勢新九郎盛時(後の北条早雲)は、興国寺城から堀越公方・足利茶々丸の館を急襲し、韮山城を構え戦国大名としての第一歩を踏み出した。
その後、小田原城を手中におさめ、二代・北条氏綱・三代・北条氏康のころには領地を武蔵から下総まで広げ、里見氏と激しく対立。
北条氏は、三崎や浦賀を根拠地とする三浦水軍を組織し、江戸湾から里見氏の勢力を駆逐する一方、今川義元亡き後の駿河に侵入してきた武田信玄が沼津の三枚橋城を築いて水軍を配置した事もあり、伊豆の水軍を組織し、その脅威に備えた。
その伊豆における北条水軍根拠地の一つが、この重須湊・長浜城である。

 スポンサーリンク


1579年には北条水軍の事実上の統括者である梶原景宗(梶原備前守景宗)が長浜城におかれ、1580年、武田水軍・北条水軍による駿河湾海戦となった。
戦いの結果は必ずしも明らかではないが、この戦いの後、武田氏は次第に衰退していく。

長浜城

その後、1590年、豊臣秀吉小田原攻めにより、長浜城は再び緊張状態におかれた。長浜城は引き続き梶原景宗が担当し、下田城の北条水軍は伊豆衆筆頭の清水康英が担当した。
清水港に集結した、九鬼嘉降らの豊臣水軍の進路を妨害するべく、梶原景宗は西伊豆の安良里港へ水軍を進め、迎え撃つ体制を取ったが、梶原景宗は敗れている。
それ以降、長浜城は水軍基地としての機能を失い、韮山城の開城と共に廃城となったものと考えられている。

長浜城

また、北条水軍が安良里港へ向かったあと、長浜城を守備したのは、1589年頃から城代を務めていた在地土豪・大川兵庫を中心とする地元住民だったとされる。
その後、大川兵庫の子孫はこの地の津元(網元)として栄えた。

長浜城

この長浜城は通称城山と呼ばれ、以前は三井家の別荘が建っていたが、昭和40年代に取り壊された後は荒れるにまかされていた。
昭和60年には市教委による詳細分布調査が実施され、4つの曲輪と15の腰曲輪の他、曲輪上の土塁跡や6基の掘切等が確認されている。
曲輪の一つ一つは小規模であるが、城郭形式は直線の連郭式で、小田原北条氏の城郭形式の典型を見ることができる。

その後昭和63年に国指定史跡となり、平成6年度までには土地の公有化も完了し、平成7年度より保存整備に着手している。
また城の南側、陰野川沿いに田久留輪と呼ばれる地域があるが、これは水軍武将の居館のあった曲輪跡であると推定されている。

長浜城の訪問記

と、言う事で、この記事をUPしてから2年、なかなか行く機会がなかったのですが、ようやく長浜城へも訪れる事ができました。

伊豆・長浜城の駐車場は、海の釣り堀の駐車場が無料で利用できるようになっていますが、見学目的以外での駐車はできません。

長浜城の駐車場

海辺の城にある駐車場は、下田城のように釣りをする人などが長時間止めてしまっていて、肝心の城を見るような我々が満車で止めれない事が多いので、駐車を見学目的のみ許可しているのは、ありがたい話です。
下記の地図ポイント地点が、その駐車場入口となります。
縮尺は変えてご覧ください。

長浜城の駐車場には、新しいトイレと長浜城の説明も記載されており、観光スポットとして沼津市はかなり力を注いでいるようです。

長浜城の駐車場

駐車場に車を止めて、さっそく長浜城へ登って見ます。
各写真はクリックすると拡大し、スライドする事も可能です。

長浜城の登山口

長浜城は標高は約32mで、道路との比高は28mとなります。

長浜城の登山口

長浜城は北条家の家紋が入った登りもあり、雰囲気を演出してくれています。

長浜城

また、階段や木道などがキチンと整備されていて、とても見学しやすいですので、お子様連れでも大丈夫です。

長浜城

ちょっと登るだけで、すぎに郭が見えてきますので、楽しいですね。

長浜城の虎口

上記のように虎口のようになっていところもありました。
そこを右に折れると、神社が祀られています。

長浜城の神社

遺構も結構残っているようです。

長浜城の曲輪

いよいよ、二の丸部分へと入って行きます。

長浜城

下記は土塁と言って良いでしょう。

長浜城

二の丸からは建物跡が発見されており、柱の位置が示されています。
最近はこのような展示がありますが、建物があったことが良く分かっていいですよね。

長浜城の二の丸

一段高くなっている本丸へは、下記の物見櫓のようなものを経由して入れます。
本丸へ入る通路口が発掘でも見つからなかったことから、このような建物から本丸に入ったのでは?と推定されています。

長浜城

その脇には空堀がありました。

長浜城の空堀跡

下記は、本丸から二の丸を撮影したものです。
発掘調査では全部で180基もの穴の跡見つかったとの事ですので、それ相応の建物があちこちにあったようです。

長浜城

長浜城の本丸の写真です。

長浜城の本丸

麓にあるマリーナを撮影すると下記のような感じです。
この辺りである三津の海は、いつもは波などない、大変静かな海でして、水軍基地にはもってこいです。
写真はでは雲を被っているので分かりにくいですが、富士山もキレイに見えます。

長浜城

下記は、長浜城の本丸から海へと突き出す半島にある曲輪群です。

長浜城

さて、本丸を見た後は、グルッと西側へと、駐車場の反対側へ降りて行きます。

長浜城

戦国時代のものかはわかりませんが、石垣もありました。

長浜城

西側の麓にある広場には、安宅船(あたけぶね)のモチーフもあり、想像力を掻き立てます。

安宅船(あたけぶね)

なお、重須地区は、その後かなり埋め立てられて今のような地形となっているようでして、かつての長浜城は、もっと海に突き出た山城であったようです。

安宅船(あたけぶね)

春日信達と三枚橋城~そして上杉につくも真田の調略に応じる
下田城と清水康英【下田城の戦い】北条水軍対豊臣水軍
北条氏規と韮山城~激戦を物語る煙硝曲輪などの韮山城訪問記
近江・長浜城の歴史と探訪記~琵琶湖の湖畔に残る太閤井戸
伊豆韮山の北条家関連や源頼朝・北条政子の史跡巡り駐車場情報など
興国寺城~巨大な堀切と高い土塁に囲まれたココから戦国時代が幕を開けた
戦国時代にガレオン船が日本で用いられなかった理由を考えてみた
武田水軍~武田海賊衆の武将たち

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…
  2. 戦国武将列伝Ω
    久保姫(くぼひめ)は、飯野平城(陸奥・大館城)主・岩城重隆の長女として1521年に生まれた。 通称…
  3. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…
  4. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  5. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…

人気の戦国武将

  1. 甲斐宗運(かい-そううん)は阿蘇神社大宮司・阿蘇惟豊の筆頭家老である甲斐親宣の子として生まれた。 …
  2. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  4. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  5. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る