春日信達と三枚橋城~そして上杉につくも真田の調略に応じる


スポンサーリンク
スポンサーリンク

春日信達(かすが-のぶたつ)は海津城主・高坂昌信の次男として生まれたが生年は不明。幼名は惣次郎。

父・高坂昌信は春日虎綱(高坂弾正)と言い、武田信玄の譜代家老である。
兄に1551年生まれの高坂昌澄がいるが、長篠の戦いにて討死している。

春日信達の姓名は一般的に高坂昌元(こうさか-まさもと)として知られるが、父・高坂昌信も高坂姓を名乗ったのは僅かな期間であるため、最近では春日信達(春日昌元)として紹介されることが多くなっている。

春日信達は御館の乱にて出陣するなど、上杉景勝との外交交渉も行っていたが、兄が長篠の戦いにて亡くなったあと、春日信達が春日家(高坂家)の跡継ぎとなった。

1578年5月、父・春日虎綱(高坂昌信)が死去すると、春日信達は海津城主として甲越同盟などに貢献した。

なお、春日信達は1579年3月頃までに三枚橋城主(沼津市)として赴任し、北条氏直を牽制することになったため、海津城主は安倍宗貞が務めている。

1582年2月、織田信長の大軍が甲州へ攻めて来ると、春日信達は三枚橋城を捨てて、武田勝頼がいる新府城へ馳せ参じた。
ただし、近隣の戸倉城が北条勢に落とされて、逃げて来たのであろうと、武田勝頼の側近・長坂光堅によって退けられている。

武田滅亡後、北信濃の領主として海津城に入った森長可に臣従した。
しかし、明智光秀による本能寺の変にて織田信長が横死すると、岐阜へ戻ろうとした森長可に対して、武田旧臣の一揆勢を率い、森長可と戦った。

森長可は、春日信達が人質として出していた子・春日庄助(森庄助)を引き出して、家臣・大塚次右衛門に春日信達ら一揆衆との交渉をさせている。

裏切った春日信達らに不満を抱く森勢は、松本まで退却したあとに人質開放する代わり、森軍とは戦わないよう求めた。
しかし、千曲川周辺にさしかかった時、一揆衆は攻撃に出て、猿ヶ馬場峠まで進んだ森長可が反撃し、戦闘となり撃退されている。
そのため、今一度、大塚次右衛門に春日信達ら一揆衆は交渉の席を設けたが、森長可は松本まで逃れると、約束を反故にして、森長可が自ら春日庄助(森庄助)殺害するなど、他の人質も殺して信濃から撤退していった。

その後、春日昌元は上杉景勝に臣従した。
川中島を手に入れたい北条氏直は、真田昌幸が主張した上杉景勝と決戦を挑む為、真田昌幸が春日昌元を調略した。
しかし、北条家と内通し上杉勢を挟み撃ちにする計画が、密使が捕えられたことにより発覚し、1582年7月13日、上杉景勝は騙し討ちによって春日信達を誅殺した。
このため、高坂氏嫡流は滅亡し、北条氏直は上杉家との決戦は諦め、甲斐制圧の為、転進している。

また、1600年3月、初代の川中島藩主となった森忠政(森長可の弟)は、残っていた春日昌元の一族を探索し、18年前に森長可の信濃撤退を妨害した罪で、春日一族全員が磔刑に処されている。

大河ドラマ「真田丸」では、春日信達を前川泰之さんが演じる。

 スポンサーリンク


三枚橋城(沼津城)の訪問記

春日信達(高坂昌元)が対北条の備えとして城主を務めた三枚橋城(さんまいばしじょう)は静岡県沼津市の中心部にある。
下記の写真は狩野川から三枚橋城があった付近を撮影したもの。

狩野川から三枚橋城跡を撮影

北条氏康が東海道沿いに最初に「砦」を築いたとされ、その後、武田勝頼が1579年に梯郭式平城として本格的な築城を行い、武田家の駿河・伊豆国境の最前線拠点となった。
最前線拠点としてだけではなく、武田水軍の基地にもなっている。
最初の武田家城将は小笠原信嶺で、その後、曽根昌長、堀内政豊などとなり、最終的に春日信達(高坂昌元、高坂源五郎)が三枚橋城に入った。

三枚橋城の旧東海道

1582年2月29日、春日信達(高坂昌元)が三枚橋城から退去し、もぬけの殻となった三枚橋城を占拠したのは徳川家康で、松平忠次が城主となっている。

三枚橋城跡の旧東海道

1590年3月、豊臣秀吉小田原攻めの際、臣従する為にはるばる馳せ参じた津軽為信は、この三枚橋城にて豊臣秀吉に謁見し所領を安堵された。
現在の三枚橋城跡としては本丸部分が、下記写真の中央公園となる。
なお、各写真はクリックすると拡大する。

三枚橋城跡(中央公園)

その中央公園の西端に、下記の沼津城跡の石碑があり、過去っている石(岩)は、建設工事などで出土した石垣が使われている。

沼津城跡の石碑

1601年、沼津藩が成立し大久保忠佐が藩主となると、沼津城と改名されたが、1613年に大久保忠佐が亡くなった際、嫡子がいなかったため、沼津藩大久保家は断絶となり、1614年に沼津城(三枚橋城)も廃城となった。

沼津城跡

沼津城は旧国道1号沿いにあったが、目だった遺構は残されていないが、付近の建設工事などで発見された石垣の石が、沼津リバーサイドホテル前、アゴラ沼津前、中央公園の沼津城本丸址にて展示されている。

沼津城の石垣

上記は沼津リバーサイドホテルの玄関前にある石垣。

三枚橋城の外堀跡

上記写真は、三枚橋城の外堀跡の石碑で、ナティ沼津ビルの西側歩道にある。
また、沼津リバーサイドホテルの東側(狩野川沿い)には、下記の上土朝日稲荷神社があり、1577年に武田勝頼が三枚橋城の守護神として祀ったものとなる。

上土朝日稲荷神社

三枚橋城(沼津城)への行き方だが、沼津駅から徒歩6分と便利。
駐車場はなかったので、小生は、下記の地図ポイント地点にあるコインパーキングを利用したが、10分ほど止めただけでは、精算料金0円であった。

伊豆・長浜城と北条水軍の駿河湾海戦~長浜城の訪問記
武田勝頼の最後はこちら
森長可~武勇から「鬼武蔵」と称され槍術が得意だった武将
上杉景勝(詳細版)~豪毅果断・潔白謹厳な武将
直江兼続~戦国の上杉家を支えた智勇兼備の名将(詳細年表)
真田昌幸~戦国時代を巧みに生き抜き真田家を守った名将
天正壬午の乱の全容~神流川の戦いから北条・徳川の勢力争い
板部岡江雪斎~北条3代に仕えた外交僧であり和歌や茶道を好む風流人
北条氏直とは~小田原 北条氏第5代当主
北条氏政【詳細版】~小田原城主・関東覇者への道のり
北条氏規と韮山城~激戦を物語る煙硝曲輪などの韮山城訪問記
長久保城の歴史~今川家・北条家・武田家が奪い合った最前線
伊豆・戸倉城~伊豆と駿河の国境にある戸倉城こそが更科六兵衛の居城だったか?

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…
  3. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

人気の戦国武将

  1. 実際の山本勘助武田家は滅んだ大名のため、武田家に関する資料は多く残されていない。武田氏の…
  2. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  3. 【治国平天下 ~柳生新陰流 天下統御の剣・柳生石舟斎と柳生宗矩】柳生石舟斎・柳生宗矩と柳生一…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

甲冑型ストラップ

戦国武将「Tシャツ」や「スウェット」その他もあり。
戦国武将シャツ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信可能。

ページ上部へ戻る