覚恕法親王の解説 比叡山延暦寺「天台座主」

覚恕法親王




覚恕法親王(かくじょほうしんのう)は、戦国時代に天台座主になった僧侶で、1521年に生まれました。
父は後奈良天皇で、母は壬生雅久の娘・伊予局となり、覚恕(かくじょ)は第三皇子にあたります。
兄に方仁親王(正親町天皇)がいたのと、母の身分が低かったことからか、4歳の1525年には、僧となって、延暦寺曼殊院門跡において得度しました。
そして、1527年、6歳にて曼殊院門跡を相続し曼殊院覚恕法親王となっています。
この曼殊院(まんしゅいん)には、古今和歌集(色紙・国宝)、源氏物語・池坊専好立花図・古今伝授関係史料(国の重文)など、文芸の書籍が伝世しています。


1557年(弘治3年)、准三宮となると金蓮院准后と称しました。
准三宮(じゅさんぐう)と言うのは、太皇太后・皇太后・皇后の三后(三宮)に准じた処遇にすると言うものです。

和歌・連歌等を好んだようで、常に禁中の御会などには常に出席していたと言います。
また尊鎮流の書もたしなみ、著書に「覚恕百首」があるようです。

1570年(元亀元年)、覚恕は166世・天台座主となります。
この時、甲斐の武田信玄からは、お祝いの品としてり「猿図」(東京国立博物館蔵、国の重要文化財)が贈られています。

1571年(元亀2年)、織田信長は、天台宗の比叡山を焼討ちしました。
この時、覚恕法親王は、比叡山・延暦寺にいなかったため、難を逃れています。
しかし、織田信長より責任を追及され辞任すると、甲斐の武田信玄を頼って逃れました。

1572年、覚恕法親王(山城曼殊院覚恕)は、出家していた武田信玄のために、権僧正の僧位が得られるように尽力し、武田信玄が感謝を示しています。

天正2年(1574年)、覚恕法親王は甲斐にて死去しました。享年60。
墓所は京都の曼殊院宮墓地にあります。


2020年NHK大河ドラマでは、正親町天皇の弟・覚恕法親王を落語家の春風亭小朝さんが演じられます。

正親町天皇の解説 戦国時代をうまく切り抜けた天皇
織田信長と言う人物に迫る~【織田信長】の性格・人柄は?
比叡山「延暦寺」を2時間で効率よく観光するポイント 延暦寺の周り方
織田信長の悪名高い「比叡山焼き討ち」が後に何をもたらしたか
武田信玄の解説 智力溢れる戦略と人物像・性格・トイレは?

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。  母は…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る