紫式部の生涯~源氏物語が執筆された廬山寺

ろざんじ


京都御所や同志社大学のほど近くに、紫式部(むらさきしきぶ)にゆかりある廬山寺(ろざんじ)というお寺があります。
白砂と苔が美しい「源氏庭」(げんじてい)と呼ばれる庭園には6~9月にかけて、桔梗の花が美しく咲き、紫色に彩られます。
この庭園が「源氏庭」と呼ばれるには理由。

それはこの地が紫式部の邸宅跡であり、彼女はこの地であの『源氏物語』を執筆したからです。

『源氏物語』を書いた紫式部

日本人であれば恐らく、源氏物語の作者は紫式部だと知っていることですが、紫式部について知る人は少ないのではないでしょうか。

紫式部がどのような女性であったのかを紹介していきます。



紫式部は父・藤原為時(ふじわら-の-ためとき)と母・藤原為信の娘の間に生まれましたが、幼くして母を亡くしています。
両親共に藤原北家で藤原冬嗣(ふじわら-の-ふゆつぐ)の系譜にある名家です。

藤原為時は幼少の花山天皇(かざんてんのう)に学問を教授する侍読(じどく)という学者の補佐役でした。
その父親の血を引いた紫式部も幼少の頃から非常に優秀でした。

彼女によって書かれた『紫式部日記』には次のようなエピソードが書かれています。

父ろ藤原為時が、紫式部の弟・藤原惟規(兄という説もあり)に漢学を教えていると、そばで聞いていた式部の方がよく覚えてしまい、父・為時は「式部はなぜ男ではなく女に生まれたのだ…。」と嘆いたそうです。

式部が生きた平安時代、男性は漢字、女性は仮名を使って文章を読み書きしていました。
また貴族男性にとって、漢学ができるということが出世の条件でもあったのです。
そのような時代背景を知ると、為時が嘆く理由にも納得ですし、式部がそれほど漢学に優れていたことが想像できますね。

長徳4年(998年)、紫式部は藤原宣孝(ふじわら-の-のぶたか)と結婚し、一人娘・藤原賢子(かたこ)を産んでいます。
式部は先に紹介した、現在は廬山寺となっている邸宅で夫・藤原山城守宣孝と結婚生活を送り、娘の賢子を育てました。
しかし長保3年(1001年)に、夫・藤原宣孝が亡くなります。
当時、都で流行っていた疫病でした。

30代を目前にして夫に先立たれてしまった紫式部ですが、その4年後の寛弘2年(1005年)に当時の天皇・一条天皇の中宮彰子に出仕することになりました。
彰子の父・藤原道長と母・倫子の強い要請だったと言われています。
そしてこの頃、『源氏物語』を執筆したと言われています。
『紫式部日記』の記述から、寛弘5年(1008年)には『源氏物語』の一部が書かれていたと考えられ、一条天皇と道長は作者である式部に目をかけていました。
このことから、この頃には既に『源氏物語』が宮中で読まれていたことがわかります。

晴れて宮仕え、しかも天皇の奥さんに仕えることになり、キャリアアップを果たした紫式部。
しかし当初は周囲の女房との行き違いにより、実家に帰ってしまうなど塞ぎ込んでいました。
周囲は式部をあの『源氏物語』の作者だと思うと、学識が高く、近づきにくいと思っていたのです。
そのため式部はあえて、漢字を読めないふりをするなどして周囲との調和を保ちながら過ごしました。

自分の持っている能力をフルに活かせない日々が続きますが、彰子(あきこ)が漢学に興味を示され、式部は女房たちのいない所で、こっそりと教授していました。
このことが式部と彰子の距離を縮ませ、またこのことに気付いた一条天皇と藤原道長からの評価も上がったのです。

紫式部は長和3年(1014年)に彰子のもとを辞し、その春に死去しました(諸説あり)。


廬山寺には紫式部と賢子の歌碑があり、二首ともに百人一首に入選しています。

百人一首の選者である藤原定家が式部の数ある和歌の中で

めぐりあひて 見しやそれとも わかぬまに 雲がくれにし 夜半の月かな

を選んだ理由は、『源氏物語』の四十一帖『雲隠』を連想させるためと言われています。

(寄稿)中みうな

さて、廬山寺がある場所ですが、下記の地図ポイント地点となります。
駐車場は約20台あります。

地図は縮尺を変えてご覧願います。
廬山寺の本堂と庭園は有料拝観です、見学所要時間は約20分です。

藤原公任とは~平安時代随一の文化人で才能ある公卿
天正遣欧少年使節とは~戦国時代にローマへ渡った4人の少年使節団の運命
伊東マンショとは~天正遣欧少年使節の代表者である正使を務める
原マルチノとは~キリスト禁教令によりマカオに追放された数奇な運命
安倍晴明とは~日本の呪術師史上トップクラスの陰陽師
阿倍仲麻呂~唐の高級官僚になった遣唐使

共通カウント

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!



中みうなWebライター

投稿者プロフィール

歴史学科卒業。専攻は明治の外交・文化、お雇い外国人など。
日本キリスト教史や出島などの長崎の歴史も。
2017年よりライターとして活動。日本の歴史を中心にWebメディアで執筆。歴史初心者の方にもわかりやすく、印象に残る記事を目指しています。

この著者の最新の記事


関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。 亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  4. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  5. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…

人気の戦国武将

  1. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  2. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
  3. 三方ヶ原の戦い(みかたがはらのたたかい)は、1572年に武田信玄が3万の軍勢を動員した西上作戦として…
  4. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る