十河一存とは~十河城主となり武勇を発揮し三好家に貢献した鬼十河

十河一存


十河城主・十河景滋(そごう-かげしげ)は、管領・細川家に仕える讃岐の国人でした。
1530年に、嫡子・十河金光が早世しすると、仲が良かった三好長慶に相談し、三好家より養子を迎えることになりました。
その養子として送られたのが、十河一存となります。

十河一存

十河一存(そごう-かずまさ/そごう-かずなが)(三好長正)は、1532年に三好元長の4男として阿波・勝瑞城にて生まれました。
生まれた時、父・三好元長は細川晴元との政争に敗れて、既に享年32で堺・顕本寺にて自害していた為、父の顔を知らずに育ちました。

兄に三好長慶、三好実休安宅冬康、弟に野口冬長がいます。



そして、兄の命を受けて、養子として十河城に入った訳ですが、時期はよくわかっていませんが、三好家の家臣として行動することになります。

1549年6月、父の仇である三好政長と摂津・江口の戦いにて勝利に貢献し、細川晴元の政権が崩壊させ、将軍・足利義輝を近江へ追放しています。
これにより、畿内は兄・三好長慶の政権となり、1550年、東山の戦いでも、京都復帰を狙う細川晴元を阻止しました。

また、1553年6月には、阿波・見性寺事件の際に、次兄・三好実休を助けて細川持隆の殺害にも協力しました。

1558年、北白川の戦いに参戦し、1560年には畠山高政との戦いで活躍しています。
そのため、三好長慶より評価を受けて、十河一存は岸和田城主となりました。

その後も兄・三好長慶をよく補佐し、家臣からの信頼も厚かったほか、勇猛果敢に武勇を発揮し、勇猛で容貌も鬼のようであったところから「鬼十河」「夜叉十河」の名を近畿・四国に轟かせています。

しかし、一説にはガンを患ったともされ、病気療養の為に有馬温泉に向かう途中とも、子・松浦萬満の後見のために向かおうとしたとも、色々と説はありますが「落馬」したと言います。
その傷が元ともされますが、三好四兄弟では一番下であった十河一存が一番最初に、1561年3月18日死去しました。享年30。
讃岐・十河城にて没したとの説もあり、称念寺に墓もあります。


正室は九条稙通の娘で、1549年に十河重存(そごう-しげまさ)が生まれています。
しかし、幼少であったため伯父の三好長慶が1563年に引き取り、十河重存は三好義継(みよし-よしつぐ)と改名し、のち三好氏本家の事実上の最後の当主となりました。

なお、十河一存には松浦信輝と、十河存之と言う子もいました。

松浦信輝(まつら-のぶてる)は、父の生前中に、岸和田城の松浦氏を継承したようで、そのまま岸和田城主に収まった模様です。
十河存之(そごう-まさゆき)は庶子であったとされ、十河家の家督を継ぐことは許さなかったようです。

このような経緯があったため、十河家の家督は、三好実休の次男・三好存保が、亡き十河一存の養子という形で十河家を継ぎました。

ちなみに百貨店の「そごう」は、十合さんが江戸時代の天保年間に大坂で創業したお店で、鬼十河とは関係ないとの事です。

三好長慶~戦国時代最初の天下人は戦と和睦の連続だった?
十河存保とは~三好家と十河家の復活に頑張った戦国武将
十河城と十河城の戦い(十河城はこんなところでした)
三好実休(三好義賢)~日本で初めて鉄砲で撃たれて討死した大将?
安宅冬康とは~淡路水軍を率いて三好家を助けた人望ある武将
岸和田城 数々の合戦を経験した続日本100名城

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  3. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  4. 岩村城
    秋山虎繁(あきやま-とらしげ)は、秋山領主(山梨県南アルプス市秋山)である秋山信任(秋山新左衛門信任…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 今治城(いまばりじょう)は、輪郭式平城で、別名は吹揚城、吹上城(ふきあげ)とも言い、日本の歴史公園1…
  4. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘(しまづ-よしひろ)が誕生。父は島津貴…
  5. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る