小仏峠と小仏関所(駒木野関所)とは


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 戦国時代後期までは間道であった小仏峠ですが、武田信玄の家臣・小山田信茂が、それまで軍勢の通行が困難と思われていた小仏峠を越えて、1569年に滝山城への攻撃に参加したため、八王子城主・北条氏照が、小仏峠に「関所」を設置したと言います。
 その昔は「小佛峠」と書きました。
 峠の名前の由来は、1寸8分の小さな仏像が峠に安置されていからです。
 標高は548mです。

 小仏峠

 富士見関所とも呼ばれています。

 相模湖と富士山

 実際に小仏峠からちょっと上がった所からは、富士山がとてもキレイに見えます。

 小仏峠から相模湖におりる道

 各写真はクリックすると拡大します。
 ちなみに小仏峠が開かれる前に、武蔵から甲斐へと超える主要道は、現在の底沢峠(昔の名は明王峠)だったとされます。

 1580年になると、小仏峠から、東側の麓である駒木野に北条氏照の関所が移されたと言います。
 こうして、小仏峠は新しい甲州街道の峠道として整備され、現在では神奈川県と東京都の県境となり、峠のしたにはトンネルが掘られて、中央高速とJR中央本線も通過する、一大重要地点となっています。

 小仏関所

 小仏関所は駒木野関所とも呼ばれ、江戸時代に入ると、徳川幕府の五街道整備などで街道も更に拡張され、1616年には、現在の「小仏関所跡」に関所が移転されました。
 特に富士参詣の行者は小仏峠を越えて行ったので、富士関とも呼ばれたようです。

 スポンサーリンク


 関守は八王子千人同心や関東18代官の手代などが、交代で務めたと言います。
 関所を通る旅人は、少し高い丸石の上に関所手形を乗せて、手前の平石に手をついて頭をさげたと言います。
 通常、通行できるのは朝6時~夕方18時までで、京都または江戸から朱印を携えた人馬や、大阪定番または江戸南町奉行所の証文をもった通行人だけは、夜間でも通行が許可されました。
 1869年(明治2年)の太政官布告により、他の関所とともに廃止となります。

 小仏峠・明治天皇行幸

 小仏峠は、幕末になると近藤勇土方歳三佐藤彦五郎ら甲陽鎮撫隊も往復通過しましたし、新政府軍の板垣退助も超えました。
 また、明治時代には明治天皇も行幸の際に、小仏峠を越えています。三条実美も一緒にです。

 その後、1888年(明治21年)に当時の国道16号(現在は国道20号)が、大垂水峠に開通したため、小仏峠は交通の要所ではなくなり、現在はハイキングとて訪れるようなところになっています。

小山田記~ 現認・小山田氏400年の存亡【小山田氏関連の考察とまとめ】
八王子の史跡・史蹟一覧~八王子城・滝山城からマイナー館跡まで

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  2. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  3. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  4.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  5. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…

人気の戦国武将

  1. 錦帯橋(きんたいきょう)は、国の名勝で「日本三名橋」「日本三大奇橋」とも選ばれています。初代…
  2. 徳川家康
    戦国時代を制して平和な江戸時代をもたらした英傑・徳川家康。戦国の世に生まれ、今川義元の人質であり…
  3. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  4. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  5. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る