ガスパール・コエリョ~イエズス会の宣教師


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 ガスパール・コエリョは、1530年生まれのポルトガル・オポルト出身。
 1556年、コエリョはインドのゴアでイエズス会に入会した。

 インドでは司祭に叙階され、1572年に日本に到着し、肥前大村(長崎県)領中心に活動するとのち、下地方(主に肥前地方)で布教活動をした。

 日本地区がインド管区を離脱してイエズス会の準管区に昇格すると、アレッサンドロ・ヴァリニャーノによって1581年にコエリョが初代準管区長に任命された。

 1585年には宣教を優位に行い更にキリシタン大名を支援する為、フィリピンに艦隊派遣を要求している。
 イエズス会では日本全土をキリスト教に改宗した際には日本人を尖兵として、中国に攻め入る案を持っていたと言う。中国明朝のキリスト教化がイエズス会の最大の悲願であった。

 1586年、地区責任者として畿内の巡察を行い、3月16日に大坂城で豊臣秀吉に謁見し、日本での正式な布教許可を得た。
 この時、豊臣秀吉の案内で天守閣に昇り、のち豊後の大友宗麟が大坂城を訪れた折に組み立て式の「黄金の茶室」を見る機会を得ている。

 スポンサーリンク


 1587年、豊臣秀吉の九州攻めの際には、八代の陣に出向き陣中見舞いを行っている。

 コエリョ自身もヴァリニャーノが定めたキリシタン領主に過度の軍事援助を慎む方針を無視し、フスタ船(英語版)を建造して大砲を積込み、更にはそれを博多にいる豊臣秀吉に見せるという行為を行った。
 高山右近小西行長はこの行為を懸念し、コエリョにその船を豊臣秀吉に献上するように勧めたが、これに全く応じなかった。

 九州征伐を終えた豊臣秀吉は、ポルトガル商人が奴隷として、日本人を人身売買で海外に売っていた事(奴隷)を知ると「バテレン追放令」を発布、布教責任者であるコエリョを召喚して叱責した。
 このように豊臣秀吉は、日本人の人権を守る為、キリスト教を禁止し、20日以内の国外退去を命じたのだ。

 ヴァリニャーノやオルガンティノによると、バテレン追放令はコエリョが軍事力を見せつけたなどの挑発的な行為が主な原因だとしている。

 バテレン追放令を受けてコエリョは大友宗麟や有馬晴信に対して、キリシタン大名を糾合して豊臣秀吉に敵対することを求め、自身もその準備に乗り出したが、有馬晴信は小西行長と同様にコエリョを嫌っていたので実現しなかった。
 その後、コエリョはフィリピンへ援軍を求めたが拒否されると、次に1589年にマカオに使者を送って天正少年使節を伴って再来日を伺っていたヴァリニャーノに働きかけて、大規模な軍事援助を求めるよう要請した。

 その間、全国のイエズス会員たちを長崎の平戸に集結させ、潜伏して公然の宣教活動を控えることにしたが、1590年、コエリョは肥前国加津佐で死去した。

 ヴァリニャーノは彼の要請に驚き、彼が準備していた武器・弾薬を総て売り払って、日本で処分するのが不適当な大砲はマカオに送ることを命じている。

 徳川家康は、宣教師が諸大名に火薬を売りつけたために日本は戦乱となったと言う認識を持っており、江戸幕府でも「鎖国」してキリシタンを禁じたのだ。

有馬晴信と日野江城~沖田畷の戦いでは南蛮防衛での最新兵器を駆使か?
ルイス・フロイス、ヴァリニャーノと黒人・弥助
三浦按針(ウイリアム・アダムス) 日本に来たイギリス人の運命

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてす…
  2. 山手殿は宇多頼忠の娘という説が有力だが、武田信玄の家臣・遠山右馬助の娘とする説もあり、良くわかってい…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。飯尾致実(いいお-のりざね)…
  4. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  5. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。NHKの2017…

人気の戦国武将

  1. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。母は…
  2. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 岡豊城
    四国を制覇した長宗我部氏の本城だったのが土佐の岡豊城です。その岡豊城を写真でご紹介しながら、…
  5. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る