黒田高友 (黒田休夢、小寺休夢)の生涯

随願寺




 黒田高友(黒田休夢、小寺休夢)は、1525年生まれ。通称は千太夫。

 黒田職隆の弟で、黒田官兵衛の叔父に当たる。

 黒田高友は僧となり、黒田休夢と称して増位山の地蔵院(多数の坊舎が立ち並ぶ大寺院)に住んだとされ、黒田官兵衛の生母である明石宗和の娘(いわ)と共に、文人との評価も高い黒田官兵衛に大きな影響を与えた。

 (トップ写真は随願寺)

 増位山は三木家の別所長治との間でたびたび戦場となり、1573年には、黒田休夢が守る有明山城を攻撃して落城させ、さらに増位山も攻めて、別所勢が寺塔をことごとく破却したが、のち1586年、羽柴秀吉によって再興されている。



 黒田休夢は和歌に秀でた人物で、1584年頃の茶会にも招かれるなど、羽柴秀吉(豊臣秀吉)に仕え御伽衆に加わり、1587年には島津氏を討つための九州遠征に従っている。

 千利休や羽柴秀次(豊臣秀次)とも書状を交わすなどし、文禄の役でも肥前名護屋で茶会に参加している。 

 没年は不明。


高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る