松平直基~書写山と最乗寺にある松平直基の墓所





松平直基(まつだいら-なおもと)(結城直基)は、1604年3月25日に、徳川家康の次男・結城秀康の5男として誕生しました。
母は側室である三好長虎の娘(品量院)です。

徳川家康に懇願した祖父・結城晴朝は結城家を継がせようと考えたようで、結城直基は幼少の折から越前にて養育されたようですが、父・結城秀康は1607年に享年34で死去しています。

この時、結城秀康の遺言により、結城家の家督は結城直基が継いで、越前勝山藩3万石の藩主となり勝山城に入りました。



1614年7月20日に祖父・結城晴朝が死去すると、その隠居料5000石を相続します。

兄・松平忠直は1615年の大阪夏の陣で、真田信繁(真田幸村)らを討ち取る活躍をしています。

1626年から結城直基は松平姓を称するようになりますが、家紋は結城家の(結城巴・太閤桐)を継続して使用し、結城家の祭祀も継承しました。
実兄である越前国主・松平忠直より偏諱を受けて、松平直基と改名しています。

1635年、松本藩主になった兄・松平直政に変わって、越前・大野藩5万石となります。
そして、1644年には山形藩15万石となると、郷村支配のために有力者を登用して大庄屋制を定めています。

1648年6月14日には、姫路藩15万石への転身を命じられ、その後の山形藩には奥平信昌と徳川家康の長女・亀姫との間に生まれた、4男松平忠明の子である松平忠弘が入部しています。

しかし、松平直基(松平大和守直基)は山形城から姫路城に向かう途中、江戸で発病し1648年8月15日に死去しました。享年45です。

父の死去により5歳の松平直矩(まつだいら-なおのり)が家督を継ぎますが、姫路城は西国の抑えの要所であることから、幼い藩主では不適格とされ、1649年6月9日に越後村上藩に国替えとなりましたが、のち1667年8月19日に姫路藩に復帰しています。

松平直基の菩提は最乗寺(神奈川県南足柄市大雄町)に分骨されていますが、赴任地であった姫路の書写山圓教寺に、子の松平直矩が1670年に分骨し、松平直基の立派な墓所が建立されました。

書写山・松平家墓所

上記写真は、姫路・書写山にある松平家墓所である松平直基の墓です。
書写山・鐘楼の下の方にありました。
ちょっと場所がわかりにくいので、地図を載せておきます。
地図は縮尺を変えて、ご覧願います。

下記の写真は、相模・大雄山最乗寺にある松平直基の墓所です。
開山堂隣の鐘楼の脇にあります。

松平直基の墓

その他の書写山円教寺や大雄山最乗寺への行き方・駐車場情報などに関しては下記の別ページも、あわせてご覧頂けますと幸いです。

書写山円教寺(書寫山圓教寺)と書写山ロープウェイの訪問記と写真集
姫路城の歴史と見どころ【国宝・世界遺産】写真集・観光情報
結城秀康とは~文武両道の福井城主も若すぎる死を遂げる
姫路城主・本多忠政と本多忠刻とは? 書写山の本多家廟屋も
山形城は広く壮大な城郭だった?~山形城の訪問記
松平直矩 引っ越し大名と呼ばれた姫路藩主
福井城(結城氏北ノ庄城)~今も福井の拠点となる立派な城構え
大雄山最乗寺の訪問記・写真集

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!


関連記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。



気になる戦国女性

  1. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…
  2. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…
  3. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…
  4. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  2. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  3. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
  4. 宮尾城(みやおじょう)は、厳島神社で有名な宮島にある平山城で、別名は宮ノ尾城、宮尾ノ城、宮ノ城とも呼…
  5. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る