前田佐乃~かぶき者慶次・前田慶次の娘は実在したのか?



 前田佐乃は、NHKの木曜時代劇「かぶき者慶次」に登場する、前田慶次の娘と言う設定。

 ドラマの中では、なかなか戻らない父を心配して、前田佐乃は加賀の前田藩から米沢にやってきました。
 そこで、上杉藩士の安田勝之進と知り合うのです。

 さて、本当に前田慶次には娘がいたのでしょうか?
 調べてみました。

 実際のところですが、前田慶次の妻は、七尾城主・前田安勝の娘です。
 その間に、1男3女、または5女を設けたとされています。

 そのうち、2人の娘は、富山藩士・戸田方勝(戸田方邦)の正室、北条庄三郎(北条氏邦の末子)の正室となっています。
 生年月日などは不明で、実際の名前なども不確定要素がありますが、概ね下記の通りです。



 長女、花(前田華)は、前田利長の側室・お花の方、のち、有賀左京、大聖寺藩士・山本弥右衛門の室

 二女、坂は、北条主殿氏邦の正室(北条氏邦の子)

 三女は名前不明。長谷川三右衛門の正室。

 四女も名前不明、平野弥右衛門の正室。

 五女の名は佐野で、富山藩士・戸田方経(戸田弥五左衛門方経、戸田勘解由)の正室。

 前田慶次は米沢にずっといた訳では無く、一時期京都に行っていたと言う説もあり、その時に北陸から富山藩の船に乗せてもらったとき、その富山藩士・戸田方経と知り合ったと言う話になっています。この戸田弥五左衛門は前田家の寛永4年侍帳にも名が見られる実在の武士です。

 この他に男児が1名いたとの説もあります。
 その男児が前田新九郎と言う設定なのでしょう。

 以上からドラマ「かぶき者慶次」の前田佐乃は、どうも五女と言う設定なようです。

 モデルで女優の西内まりやさんが、勝気で活発な「前田佐乃」を演じられます。

 殺陣は初挑戦との事で「毎回、手にマメができたり、筋肉痛になったりしながら必死に立ち回りをしています」「もともと、スポーツをやっていて体を動かしたり、アクションはすごく好きなので、そこにも注目して欲しいです」とコメントしています。

かぶき者慶次 出演者一覧情報
米沢・堂森善光寺と前田慶次の無苦庵跡~慶次清水

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2. 早川殿(はやかわどの)は、早河殿とも書きますが、今川氏真の正室になった女性です。 NHKの2017…
  3. 曳馬城主である飯尾連竜(いいお-つらたつ)は、今川義元に仕えていた。 飯尾致実(いいお-のりざね)…
  4. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  5. 小少将 小少将(こしょうしょう)は女性の名前であるが「通称」であり、本当の名前ではありません。…

人気の戦国武将

  1. 5歳の時に疱瘡に掛かり、一命は取り留めるものの右目を失った梵天丸。 米沢にて虎哉和尚や片倉景綱に鍛…
  2. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  3. 長篠城を包囲した武田勝頼に対して、徳川家康・織田信長が38000の援軍を派遣すると、武田勝頼が120…
  4. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  5. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。 大坂冬の陣に参加して欲し…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る