前田新九郎~かぶき者 慶次~前田正虎


スポンサーリンク
スポンサーリンク

 前田新九郎前田慶次の子供。

 NHKの木曜時代劇ドラマ「かぶき者慶次」では、中村蒼さんが演じる。

 武辺者と称された前田慶次の晩年は、戦も無かったことから風流三昧で、酒好きの年寄りであったと言う。
 昔は、世に名高い猛将であったが、上杉景勝に世話になって関ヶ原の戦い以降は、すっかり本当の客分となってしまっていた。
 そんな父に、子の前田新九郎は反発するのだが、ここぞという時に前田慶次は「かぶく」ようだ。
 そして、前田新九郎は京や大阪に行ってみたいと言い出すらしい。

 しかし、前田新九郎は本当の子では無く、実の父は関ヶ原の戦いで命を落とした石田三成だと言う。

 本当の人間を良く知っている父の度量の大きさや、生きざまに次第に魅せられていくと言う親子の物語が「かぶき者 慶次」。

 実際の前田慶次には、男子の子がいたとも、いなかったとも言われていおり、子がいたと言う説の場合には、前田正虎と言う名が見られる。

 スポンサーリンク


前田正虎

 前田正虎(まえだまさとら)は、前田安虎、前田安太夫とも。
 父は前田慶次で、母は前田安勝の娘とされるが、生年や没年などは不明。

 1587年に祖父・前田利久が亡くなった旧領のうち2000石を受けて、前田利家の家臣に列した。
 1590年、父・前田慶次が加賀・前田家から出奔した際には、前田正虎と前田慶次の妻子は加賀に留まっており、随行はしていないと言う。
 前田慶次が京に一時滞在したと言う説もあるが、その時には前田正虎が京都に探しに出て、古田織部に消息を尋ねたとされている。
 前田利家の死後は、前田利長、前田利常と主君に仕えたが、子はなく七尾で没したという。

 この前田正虎をモデルにしたのが、前田新九郎だと思ったら、そこにひとひねり加わっており「かぶき者慶次」では、なんと、石田三成の遺児だと言うなかなか面白い設定であり、大変楽しみなドラマである。

 この遺児に関しても調べてみると、どうも、米沢藩の上杉家には、石田三成の子が育てられ僧侶になったと言う話があるようだ。
 石田三成と直江兼続は親しい中であり、共に徳川家康を討つために関ヶ原の戦いを起こしたとも言われるため、そのような話があってもおかしくはない。

 かぶき者 慶次
 放送予定 2015年4月9日スタート
 NHK総合 毎週木曜
 午後8時~8時43分
 連続11回

 → 前田慶次 詳細版

 → 石田三成

 かぶき者慶次 出演者一覧情報

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

関連記事

あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. 島津亀寿(しまづ-かめじゅ)と言う薩摩のお姫様がいます。亀寿姫と呼びますが、法名から薩摩では持明…
  3. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  4. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…
  5. 瀬名(せな)とも言う築山殿(つきやまどの)は、今川家一族の駿河持船城主・関口親永(関口刑部少輔)(ま…

人気の戦国武将

  1. 1535年7月23日、伊作城(本丸を亀丸城と呼ぶ)にて島津義弘が誕生。父は島津貴久で、次男として生ま…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  3. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  4.  戦国時代最大とも言われる山岳戦となった三増峠の戦い。 武田信玄が勝利したとも、北条氏照が勝利し…
  5. 北条氏康(ほうじょう-うじやす)は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男として1515年に生まれ…
 スポンサーリンク

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る