安田勝之進とは~米沢藩・上杉景勝の家臣





 NHKの木曜時代劇「かぶき者慶次」に登場する安田勝之進について、分かっている事をできる限り詳しく記載したいと存じます。

 安田勝之進は米沢藩・上杉景勝の家臣です。
 父の名は安田継之丞と言い、上杉家における経理部門(勘定方)のリーダー(頭)ですので、家中においては、それなりの身分ある父を持ち、将来有望な若者であるのが安田勝之進と言う事になります。

 前田慶次の娘・前田佐乃が、なかなか前田家に戻ってこない父を心配して、加賀から米沢にやってきます。

 そんな前田佐乃に好意を持つのが、安田勝之進なのですが、安田勝之進自身は正義感が大変強く、前田慶次同様に剣の腕も良く、尚且つ二枚目と言う事になっています。

 放送される「かぶき者慶次」のストーリーなど気になる所ですが、現時点ではこの程度しか判明しておりません。



 上杉家と言えば有名な家臣として、直江兼続もおりますが、放送に登場するのかなど、全く不明でございます。
 安田勝之進が実在した武士なのかですが、調べても父・安田継之丞共々、名が見られませんので、恐らくは創作された上杉家臣と推測できます。

 最終回では、安部一左衛門の娘・知佳(市山京香さん)とお見合いするシーンも登場します。

 放送は2015年4月9日(木)20時スタートで、11回の毎週木曜日連続です。

 その前に、なんで前田利家の弟ともされる「前田慶次」が、米沢の上杉家の家臣になっているのか?について今一度、足跡をご覧頂けますと幸いに存じます。

 → 前田慶次とは

かぶき者慶次 出演者一覧情報

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 木曽義昌/木曾義昌(きそ-よしまさ)は、木曾谷領主(木曽福島城主)・木曾義康の嫡男として1540年に…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る