涙の森(なみだの森)~韮崎・新府城から逃亡する武田勝頼一行が涙を流した場所


スポンサーリンク
スポンサーリンク

山梨県の韮崎市、ぶどう畑の丘が広がる地の旧道沿いに「涙の森」(なみだの森)があります。

織田信忠の大軍に攻め込まれた武田勝頼は、新造した新府城に火を放ち、1582年3月3日、岩殿城を目指して逃亡開始します。
15000いた兵のうち、付き従った兵は約700までに減っていました。
そして、この韮崎の更科村に差し掛かった時です。
振り返ると、新府城が燃えて煙が上がる姿が見えます。

そのため、一行は涙したとされこの地は「涙の森」と称されるようになりました。

特に武田勝頼の継室・北条夫人は、この地で赤々と燃える新府城を見て涙したと言います。
その際「うつつには、おもほえがたきこのところ、あだにさめぬる、春の夜の夢」と一首も詠み、名残惜しみました。

新田次郎氏の小説「武田勝頼」にも「阿弥陀の森」として登場する地です。
しかし、本当にこの道を通ったとしたら、旧街道なのでしょうか? まずは躑躅が崎館を目指したのかも知れませんね。

 スポンサーリンク


なお、更に東に行くと「回看塚」そして「泣石」と、いずれも北条夫人が振り返って涙したと言う言い伝えが残されています。

山梨にはこのように武田家にまつわる伝承の地や史跡がほんと多いです。
相模の北条家も四公六民と善政は敷いていたはずなのですが、同じ滅亡した者どうしなのですが、降伏したのと討死(自決)したのとの違いなのでしょうか?
 
下記が涙の森の付近ですが、ポイント地点は車を止めてもよさそうなところを差しています。
駐車場はないのですが、短時間であれば感謝しつつ止める事ができるところです。
いずれにせよ、ご近所の方に迷惑にならないようお願い申し上げます。
付近には更科姫の屋敷跡に更科姫の墓などもありますので、合わせてどうぞ。
 

韮崎の泣き石はこちら
武田勝頼の逃避行の詳細はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!

スポンサーリンク


関連記事

コメント欄に「一句」どうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

 スポンサーリンク

気になる戦国女性

  1.  於菊(おきく)は真田昌幸の5女で、名胡桃城で生まれた。 真田信之・真田信繁らの妹に当たる。生年…
  2. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…
  3. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  4.  片倉喜多(かたくら-きた)は、1538年に伊達家臣・鬼庭良直の娘(長女)として生まれた。 母は…
  5. 淀殿をご紹介する記事では、できる限り中立的な立場にて記載したつもりですが、父・浅井長政や、母・お市の…

人気の戦国武将

  1. ▼徳川家康は天文11年(1542年)に、三河国(現在の愛知県東部)岡崎城で小大名・松平広忠の嫡男とし…
  2. 戦国時代の日本歴史上有名な戦いである「桶狭間の戦い」(おけはざまのたたかい)に触れてみたいと思います…
  3. 真田丸(さなだまる)とは、真田幸村が築いた大阪城の出城の名称である。大坂冬の陣に参加して欲し…
  4. 勝山館
    武田信広(たけだ-のぶひろ)は、若狭の守護大名・武田信賢の子として、1431年2月1日、若狭小浜・青…
  5. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…
 スポンサーリンク
当サイトでは
Android app on Google Play
↑ アプリ版もあります

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る