韮崎の泣き石~武田滅亡を見てきた岩



 韮崎にほど近い甲斐市下今井字鳴石に「泣石」と言う大きな石(大きな岩)があります。
 先に場所からご紹介致しましょう。

 

 JR中央本線の線路わきにあり、塩崎駅からも近いです。

 1582年3月3日、武田勝頼新府城から小山田信茂岩殿城を目指して落ち延びた際に、ここを通過した北条夫人が、振り返って新府城の方角を見て涙したと言う伝承があります。

 ただし、かつては岩がある現在の場所には無かったようでして、100m程南東にあり、岩の割れ目からは水が流れていたと言います。
 その場所が、中央本線の線路となったため、今の場所に移されたようです。

 岩の大きさは、高さ3.8m、幅2.7m、奥行き3.7mで、目立ちます。



 駐車場は無いのですが、県道を甲府方面に進んでいれば、道路が広くなった箇所があり、路肩に短時間止められるスペース(5台分くらい)があります。

 →新府城に関してはこちら
 →涙の森(なみだの森)はこちら
 →武田勝頼の逃避行の詳細はこちら


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。


気になる戦国女性

  1. 阿古姫
    阿古姫(あこひめ)は、長宗我部元親の3娘です。 長宗我部氏の家臣で、上ノ加江城主である佐竹親直…
  2. 戦国時代には関東にも「足利氏姫」と言う女城主がいたと言うのは、あまり知られていないだろう。 157…
  3.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  4. お市の方は、1547年?に織田信秀の娘として誕生した。呼称としては、市、お市の方、市姫、小谷の方(お…
  5. 千姫(せんひめ)は、徳川秀忠とお江の長女として、1597年4月11日に伏見城内の徳川屋敷で産まれた。…

人気の戦国武将

  1. 稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の本郷城に…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3.  小山田氏の祖である鎌倉武士・小山田有信から、戦国武将で武田信玄に臣従していた小山田信茂までの「小山…
  4. 遠藤直経(えんどう-なおつね)は、近江の須川城主・遠藤主膳の子として1531年に生まれました。通称は…
  5. 田峯城
    菅沼定忠(すがぬま-さだただ)は、田峯菅沼氏である菅沼定継の子となるが生年や母は不詳となる。 この…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る