韮崎の泣き石~武田滅亡を見てきた岩





 韮崎にほど近い甲斐市下今井字鳴石に「泣石」と言う大きな石(大きな岩)があります。
 先に場所からご紹介致しましょう。

 

 JR中央本線の線路わきにあり、塩崎駅からも近いです。

 1582年3月3日、武田勝頼新府城から小山田信茂岩殿城を目指して落ち延びた際に、ここを通過した北条夫人が、振り返って新府城の方角を見て涙したと言う伝承があります。

 ただし、かつては岩がある現在の場所には無かったようでして、100m程南東にあり、岩の割れ目からは水が流れていたと言います。
 その場所が、中央本線の線路となったため、今の場所に移されたようです。

 岩の大きさは、高さ3.8m、幅2.7m、奥行き3.7mで、目立ちます。



 駐車場は無いのですが、県道を甲府方面に進んでいれば、道路が広くなった箇所があり、路肩に短時間止められるスペース(5台分くらい)があります。

 →新府城に関してはこちら
 →涙の森(なみだの森)はこちら
 →武田勝頼の逃避行の詳細はこちら


高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 大蔵卿局・大蔵局(おおくらのつぼね)は浅井長政の家臣だっとされる大野定長の妻で、茶々の乳母であったと…
  2. 1547年?に誕生した「おね」は、尾張国の杉原定利の娘(次女)で、母は朝日殿。 生まれてすぐに、母…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る