佐久間盛重(佐久間大学)とは 織田信勝の家老

佐久間盛重(佐久間大学)




佐久間盛重(さくま-もりしげ)は、戦国時代の武将で、織田家の家臣で、通称は佐久間大学と言います。
父は佐久間盛経です。
もともと、佐久間氏は、鎌倉初期の有力御家人・三浦義明の3男である三浦義春(みうら-よしはる)の4男・三浦家村が、安房の鋸南町にある下佐久間・上佐久間を領したことから始まる三浦氏の一族です。
1213年、三浦一族は、和田義盛の反乱(和田合戦)に味方しますが敗れたため、越後国奥山荘(新潟県胎内市)に逃れました。
その後、佐久間家盛が、1221年、承久の乱で戦功を挙げ、恩賞として上総国夷隅郡と尾張国御器所の領地を賜りました。
戦国時代において、この尾張・御器所城(五器所城)の城主が、佐久間盛重(佐久間大学)と言う事になり、末森城の織田信秀に従っていました。


織田信長の弟・織田信行(織田信勝)が生まれると、佐久間盛重が付け家老となっています。
1551年、織田信秀が死去した際の葬儀では、織田信行(織田信勝)と共に参列しました。

その後、織田信長と織田信行の兄弟は対立し、1556年、稲生の戦いになると、佐久間盛重は同族の佐久間信盛らと織田信長に味方しています。
当時、柴田勝家や林秀貞らは、織田信行を織田家の当主にと動いていますので、意外な選択ですが、合戦でも名塚砦を守り通しました。
そして、織田信行の軍勢の橋本十蔵を討ち取っています。

永禄3年(1560年)、今川義元が大軍で攻めて来た桶狭間の戦いでは、その前哨戦にて丸根砦の守備を任されました。
近くの鷲津砦と連携して、今川勢の大高城に、睨みを効かせましたが、松平元康(徳川家康)勢の猛攻を受けて、丸根砦は陥落し、佐久間盛重は討死しています。

跡取りがいましたが、先祖所縁の越後国奥山荘の名を取って、奥山盛昭(おくやま-もりあき)と称しています。
そして、丹羽長秀に仕えて、のち豊臣秀吉の直臣になると、越後にて1万1000石となっています。


なお、織田信長に仕えた佐久間氏としては、佐久間盛政(さくま-もりまさ)がいます。
この佐久間盛政は、最初、御器所西城の主ですが、父・佐久間盛次のほうが、正統な佐久間家の当主だったとも推測できます。

織田信行(織田信勝) 信長の弟の数奇な運命
桶狭間の戦いとは 桶狭間古戦場跡
尾張・末森城 織田家と稲生の戦い
柴田勝家~勇猛果敢も温情深く大変親しみを感じる武将
佐久間盛政~鬼玄蕃と恐れられた猛将
佐久間信盛~退き佐久間も最後は追放される運命に

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 寿桂尼(じゅけいに)は、藤原北家である勧修寺流の中御門家(公家)・権大納言中御門宣胤の娘で、兄に中御…
  2.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る