母里吉太夫~母里太兵衛の嫡男 玄界灘で死す

中津城


 母里吉太夫(きちだゆう)は、1582年前後の生まれと推定できる。
 父は母里太兵衛で嫡男。
 母里太兵衛の正室は、大友宗麟の娘であるが、黒田家と大友宗麟が接触するようになったのは、1586年頃からである為、母里吉太夫の母は正室・大友宗麟の娘ではないと推測できる。
 もしかしたら、大友宗麟の娘を迎える前に、最初の正室がいたのか?、側室の子、もしくは養子だったとも考えられるが、母は不詳。

 子供の頃から、同年代の黒田熊之助(黒田官兵衛の次男)と共に勉学・武芸に励んだとされる。

 豊臣秀吉の朝鮮出兵。
 得体も知れない外国での合戦と言う事もあり、何が起こるかわからない。
 その為、黒田官兵衛は、次男・黒田熊之助が初陣を願う気持ちを理解しつつも抑えて、中津城に残るよう指示した。



 文禄の役を終え、慶長の役である1597年、黒田熊之助は朝鮮出兵に参加していた父・黒田官兵衛や兄・黒田長政の役に立ちたい願い、朝鮮で戦っている陣を訪れようと独断で考えた。
 そして、黒田吉松(黒田一成の弟)・木山紹琢らを誘って朝鮮半島に渡る為、ひそかに小舟を出したと言う。
 しかし、その途中で暴風に遭って一行を乗せた船は沈没。
 黒田熊之助(黒田官兵衛の次男)、黒田吉松(黒田一成の弟)・木山紹琢らと共に、母里吉太夫も行方不明となった。(享年16)

 この黒田熊之助・母里吉太夫らの死は、大阪の天満屋敷で知らせを聞いた黒田官兵衛の正室・光姫も嘆き悲しんだと言う。

中津城の訪問記とみどころ~信念が見受けられるコンパクトな中津城築城と広大な城下町

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でフォローしよう!




関連記事



あなたの思いを下記にどうぞ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


気になる戦国女性

  1.  彦姫は、米沢城主・伊達晴宗の4女として、1552年?に生まれた。兄に岩城親隆・伊達輝宗などがいる。…
  2. 淀殿(よどどの)は1569年に近江・小谷城にて誕生した。 父は浅井長政で、母は織田信長の妹・お市の…
  3. 立花誾千代とは 立花誾千代(たちばな-ぎんちよ)は戸次鑑連(立花道雪)の一人娘として筑後(久留…
  4. 1568年に誕生した愛姫(めごひめ)の父は、三春城主・田村清顕で、母は相馬顕胤(小高城主)の娘・於北…
  5. 吉岡妙林尼(よしおか-みょうりんに)の生い立ちは良くわかっていませんが、父は林左京亮、又は丹生正敏(…

人気の戦国武将

  1. 淀殿(茶々)が産んだ、子供である豊臣秀頼の父親は誰なのでしょう? 状況的には豊臣秀吉が父親である可…
  2. ▼本能寺の変(1582年・天正10年)が起ったとき、織田勢で京から最も遠い任地にいたのが滝川一益だ。…
  3. 今川義元(いまがわ-よしもと)は、1519年、駿河・遠江守護の今川氏親の5男として生まれた。幼名は芳…
  4. 筒井順慶(つつい-じゅんけい)は、筒井城主・筒井順昭の子として1549年3月3日に生まれた。 母は…
  5. 源頼朝は、源氏の頭領である、源義朝の3男として、1147年4月8日に尾張の熱田神宮西側にあった神宮大…

戦国グッズ通販

実際に鉄板も使用した本物志向「高級」甲冑型の携帯ストラップ
甲冑型ストラップ

戦国浪漫グッズ
戦国武将グッズ

自作甲冑キット新発売
甲冑自作キット
戦国浪漫「戦国グッズ」通販

メールでお知らせ

新規記事追加をメールで受信

ページ上部へ戻る