武田信義とは~願成寺の武田歴代墓所と武田信義館跡





 甲斐武田家の祖である武田信義について、武田信義の館跡や武田信義の墓所である願成寺も踏まえて、ご紹介させて頂きます。

 武田信義は1128年8月15日、新羅三郎義光(源義光)を祖とする甲斐源氏である源清光の次男として誕生しました。
 13歳の時に武田八幡神社で元服すると「武田」と名乗り、甲斐武田家の祖となました。
 そして、1180年、以仁王の令旨を受けて挙兵すると、たちまち甲斐の主導権を握ります。

武田信義と館跡

 武田信義館跡

 そんな源信義(武田信義)が居館を構えた場所がここです。
 武田信義館跡は、写真の通り現在は一角が保存されているだけで、館があったと思われる周辺は農家や畑になっていますが、付近にはお屋敷、お庭、お旗部屋・み酒部屋・的場・お堀・金精水・具足沢などの地名が残されているそうです。



 武田信義は武田太郎と称して、源頼朝、武田信義、源義仲の3者が、東国における武家の棟梁とされた時代もありました。
 源信義(武田信義)は源範頼や源義経と共に、木曽義仲の追討や一ノ谷の戦い、そして、平家追討の壇ノ浦の戦いにも参加すると言う、鎌倉幕府のために多大な功績を残しました。
 しかし、源頼朝に取っては、武田信義の存在は目障りだったんですね。

 1184年6月には嫡男・一条忠頼が謀叛を企てた容疑で誅殺されるなど、源頼朝の排斥にあい、失意のうちに1186年に病没したとされます(享年59)。

 武田信義の館跡

 武田信義の館跡への行き方・アクセスですが、下記の地図ポイント地点の場所からに畑の中を入ります。
 大きな案内板がありますので、現地に行けば分かります。
 ただ、駐車場がありません。
 駐車禁止の道路ではなかったので、消防車の通行妨害にもならない広い所に短時間だけ止めさせて頂きました。

 

武田信義の墓がある願成寺

 山梨県韮崎の願成寺は、源清光の子ある甲斐源氏の棟梁・武田信義が開祖であるとされます。
 そうそう、各写真はクリックすると拡大致します。

 願成寺の山門

 甲斐源氏は鎌倉時代に源頼朝の粛清を受けて没落しましたが、戦国時代武田信虎武田信玄らによって中興されました。

 願成寺

 天正壬午の乱や、1607年の火災で寺宝などは消失したそうで、とても残念ですね。

 願成寺

 武田家旧温会さんが建立した石碑も境内にありました。

 願成寺の武田信義の墓域

 本堂の左手に進むと、武田信義の墓所が見えてきます。

 願成寺の武田信義の墓

 武田信義の墓所にある五輪塔は鎌倉様式ですね。

 願成寺の武田家累代御霊廟

 また、隣には武田家の歴代当主を弔う御霊廟もありました。
 もちろん、武田信玄武田勝頼、そして武田信勝もその名が見受けられます。

 願成寺の場所ですが、下記の地図ポイント地点に舗装された大きな駐車場があります。
 そこに車を止めて、駐車場の奥にあるちょっとした階段を登って行くと山門に出ます。

 

 →武田八幡神社と白山城

 この付近には良質の日帰り温泉もありますので、時間があればお立ち寄りください。
 →日帰り温泉情報「山梨」

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 稲葉一鉄
    稲葉一鉄(いなば-いってつ)は、土岐頼芸の家臣・稲葉通則の6男として、1515年に美濃池田の美濃・本…
  2. 豪姫(ごうひめ)は、織田信長の家臣・前田利家の4娘として尾張・荒子城(愛知県名古屋市)にて1574年…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る