源範頼の解説 源義経の次に処罰された源氏

源範頼




源範頼 (みなもと の のりより)は、鎌倉時代初期の武将で、河内源氏・源義朝の6男として、1150年頃に生まれました。
母は、池田宿(磐田市)にいた遊女とされますが、地元有力者の娘とも考えられています。
異母兄弟に、源頼朝源義経阿野全成などがいます。
源範頼は、遠江国蒲御厨(かばのみくりや)(浜松市)で密かに養育されました。
1159年、平治の乱で父・源義朝が横死し、源頼朝が伊豆に流刑となると、経緯は不明ですが、1161年以降、公卿・藤原範季(ふじわら の のりすえ)が源範頼を引き取り、自分の子・藤原範資と一緒に育てました。
1180年、兄・源頼朝が挙兵し、石橋山の戦いで敗れるも、鎌倉を占領します。
源範頼が、いつ合流したのかは、わかっていませんが、1183年2月、常陸の志田義広が3万余騎を率い鎌倉を攻める兵を挙げた際に、源範頼の名が見受けられます。
志田義広は、別名を源義広と言い、同じ河内源氏・源為義の3男、すなわち、源頼朝や源範頼から見ると、祖父の子です。
鎌倉に入った源頼朝とは連携せず、常陸国信太荘(茨城県稲敷市)にて、独自の行動を取っていました。
源頼朝は、下河辺行平と小山朝政に対応を託すと、下野国にて志田義広(源義広)と、野木宮の戦いになっています。
この時、鎌倉勢としては、八田知家、下妻淸氏、小野寺道綱、小栗重成、宇都宮信房、鎌田爲成、湊川景澄、源範頼らが援軍として駆けつけて、足利有綱・佐野基綱父子、浅沼広綱、木村信綱、太田行朝ら志田義広(源義広)勢に勝利しました。
その後、志田義広(源義広)は木曾義仲の軍勢に加わっているため、背景には木曽義仲との勢力争いがあったようでして、別説では、この頃、八田知家らが推していたのは、源頼朝ではなく、源範頼であり、源範頼と志田義広(源義広)の対決であったとする場合もあります。


1184年1月になると、源頼朝の代わりとして、源義仲(木曽義仲)討伐の大将となり、大軍を率いて上洛すると、先に行動していた源義経と合流しています。
そして、宇治・瀬田の戦いなどで勝利しましたが、先陣争いで、他の御家人と乱闘になるなどしています。
1184年、一ノ谷の戦いでは、源範頼が、梶原景時や、畠山重忠など3万の本隊を指揮して、平通盛、平忠度、平経俊、平清房、平清貞を討取りました。
源義経と安田義定は、遊軍1万を率い、平敦盛、平知章、平業盛、平盛俊、平経正、平師盛、平教経を討取っています。
その後、鎌倉に戻った源範頼は、上洛の際の乱闘騒ぎで、謹慎処分となりましたが、何度も源頼朝に謝り、3ヶ月後には、戦功から三河守として三河国の支配を認められています。

そして、九州に逃れた平氏討伐においては、出陣に際して、源頼朝の秘蔵の馬(甲一領)を与えられています。
源範頼は、北条義時・足利義兼・千葉常胤・三浦義澄・八田知家・葛西清重・小山朝光・比企能員和田義盛・工藤祐経・天野遠景などを従えて、原田種直などを破り、博多・太宰府に進撃したため、平氏の本隊は、長門国彦島(下関市)にて孤立する結果となりました。
そのため、源義経が海から、源範頼は陸から攻撃し、屋島の戦いにて、平家は滅亡したと言う事になります。
その後、源範頼は戦後処理にあたり、神剣の捜索と、平氏の残党狩りなどを行いました。
その頃、独自の考えで行動する源義経と、源頼朝は隊列するようになっており、源頼朝は、源範頼にも、自分で勝手に判断せずに、相談するようにと、くぎを刺しています。
そのため、源範頼は、こまめに鎌倉へ報告もしています。
また、源頼朝は源義経を殺すようにと、源範頼に命じましたが、それを断ったことにより、源範頼の立場も悪くなってきたともされます。


なお、鎌倉幕府から与えられた領地は、武蔵国横見郡吉見(現埼玉県比企郡吉見町)で源範頼館があります。
正室は、有力御家人・安達盛長の娘(亀御前)です。

1189年7月、源頼朝が自ら出陣した奥州合戦でも、源範頼は参じましたが、最後の参戦となりました。

1193年5月28日、源頼朝が行った富士の巻狩りの際に、曾我祐成と曾我時致の兄弟が父親の仇である工藤祐経を討った「曾我兄弟の仇討ち」が発生しました。
このとき、鎌倉には、源頼朝が討たれたとの誤報が初報が届きます。
嘆いた北条政子に対して、源範頼は「後にはそれがしが控えておりまする」と述べたと言います。
この発言が、将軍の座を狙っていると言う、謀反の疑いを招いたともされ、源範頼は、忠誠を誓う起請文を源頼朝に送りました。
しかし、書状に「三河守源範頼」と、源姓を記載していたため許されなかったと言います。
ただし、吾妻鏡では、謀反を疑った理由について、記録はされていません。


そのため、源範頼は、家人で武勇名高い当麻太郎を、源頼朝の寝所の下に潜りこませます。(命令ではなく当麻太郎の独断だったともされます。)
当麻太郎は、源頼朝に気配を感じられ、結城朝光らによって捕まりました。
尋問に対して、源頼朝の本心を確かめようと、忍び込んだと弁明しましたが、苦しい言い訳でした。
そして、源範頼は尋問されると言い訳をしなかったため、1193年8月17日、伊豆・修善寺に流刑となり、狩野宗茂、宇佐美祐茂が信功院にて監視しました。
当麻太郎は、源頼朝の娘・大姫が病気だったため、恩赦があり死刑を免れ、薩摩に流されています。

その後の源範頼に関しては諸説ありますので、ご紹介してみます。
幽閉された翌日、源範頼の家人である橘太左衛門尉、江瀧口、梓刑部丞らが、浜の宿館に籠もって武器の手入れをして、不審な動きを見せたため、結城朝光、梶原景時、梶原景季、仁田忠常らによって討ち取れたとあります。
更に、曽我兄弟の同腹の弟・原小次郎は、源範頼の縁座として処刑されました。
4日後、大庭景義と岡崎義実が出家していますが、曽我兄弟の仇討ちに関連したものと推測されます。

源範頼の生死に関して、他には、越前へ落ち延びたとする説、領地の吉見観音に隠れ住んだという説、安達盛長の領地である武蔵国足立郡石戸宿(埼玉県北本市石戸宿)に逃れたとする説などがあります。
また、修禅寺から逃れた源範頼は、海路、横須賀から上陸して、横浜市金沢区の太寧寺にて最後を遂げたともあり、ご本尊が源範頼の念持仏だとする薬王寺があります。
横須賀市の上陸地点は、現在の「追浜」で、鎌倉勢に追われていたため、この地名がついたとされます。


源範頼の妻(安達盛長の娘)は、夫の訃報を聞いて荒川付近で自刃したようですが、源頼朝の乳母でもあった比企尼の嘆願にて、子の源範圓・源源昭は助命され出家し、横見郡吉見庄を分与され、源範圓の子が吉見為頼になったとされます。
吉見(よしみ)氏の嫡流は謀反を企み途絶えますが、吉見為頼が、能登守護となった北条朝時に従ったようで、文永年間(1265年~1275年)に武蔵から能登に下向しています。
そして、能登・吉見氏は、鎌倉幕府滅亡時に足利尊氏に属し、南北朝時代になると、吉見宗寂・吉見頼顕・吉見頼隆・吉見氏頼が能登守護となっています。
他にも、1282年、吉見頼行が石見・津和野の吉見氏居館に入り、のち津和野城(一本松城)が築かれ、戦国時代には、吉見頼興・吉見隆頼などが石見守護も務めました。
吉見広頼は、毛利元就から大江広元の1字を与えられて広頼と称し、毛利隆元の娘・津和野局を正室にしています。

2022年のNHK大河ドラマ「鎌倉殿の13人」では、源範頼を俳優の迫田孝也さんが演じられます。

藤原範茂の解説 範茂史跡公園(藤原範茂の墓)
北条時政とは~伊豆韮山にある願成就院、執権・北条時政の生涯と牧の方について
源頼朝の生涯【鎌倉幕府・征夷大将軍】旧相模川橋脚も
木曽義仲(源義仲)とは わかりやすく2分で
北条政子とは【尼将軍と呼ばれた御台所】
安達盛長の解説 源頼朝を長く支えた側近
源行家の解説 以仁王の挙兵【以仁王の令旨】使者
1分でわかる源義経の解説
曽我兄弟の仇討ちの分かりやすい経緯~工藤祐経と伊東祐親の遺恨
当麻城(当麻要害) 相模でも歴史ある地を監視した鎌倉時代・戦国時代の城跡

高田哲哉日本の歴史研究家

投稿者プロフィール

(株)TOLEDO、高田哲哉と申します。
20年以上戦国武将などの歴史上の人物を調査・研究している歴史人物研究家です。
自慢できるものはありませんが、資格は史跡訪問のための国内旅行地理検定2級、水軍研究のための小型船舶操縦士1級など。

この著者の最新の記事



コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA




ピックアップ記事

  1. 慶誾尼(けいぎんに)は、慶ぎん尼とも書きますが、1509年に生まれた村中龍造寺家の当主・龍造寺胤和(…
  2. 常高院(じょうこういん)・浅井初(お初、於初)は、1570年に小谷城にて生まれた。 父は小谷城主・…


Twitter でフォロー



ページ上部へ戻る