沢彦宗恩~織田信長を養育し参謀になった僧

  • HOME
  • 織田氏
  • 沢彦宗恩~織田信長を養育し参謀になった僧

 沢彦宗恩(たくげんそうおん)は、臨済宗妙心寺派の僧。沢彦宗恩の生年は不詳。

 卍元師蛮の「延宝伝灯録」によると、若い頃は各地を行脚して、妙心寺東海派の泰秀宗韓の元に辿り着き、修行すると泰秀宗韓より印可を受けた。
 妙心寺第一座となるが辞した後は美濃・大宝寺の住持となっていた。

 その頃、吉法師(織田信長)の傅役を務めていた織田家家臣・平手政秀の依頼を受けて、清洲城に行き、沢彦宗恩が教育係となった。
 織田信長が元服したあとは参謀として活躍。
 父・織田信秀の葬儀の際に、織田信長は抹香を投げつけたが、これは沢彦宗恩がパフォーマンスとして提案したとも伝わる。

 平手政秀が自刃すると、菩提を弔うために織田信長が建立した政秀寺の開山も務めている。


スポンサーリンク


 織田信長が美濃を支配すると、稲葉山城下の「井ノ口」を改め、新たな地名にすることを進言。
 中国・周の故事にならい沢彦の挙げた「岐山・岐陽・岐阜」の3つの候補より、岐阜が選ばれたとの説がある。
 この他、織田信長の政策である「天下布武」も沢彦の進言によるとも言われる。
 しかし、沢彦が唱えた「天下布武」は「春秋左氏伝」に記された”七徳の武を備えた者が天下を治める”ことに由来すると言われる。

 京都・妙心寺第39世住持となったあとは、岐阜の瑞龍寺に住んだ。

 1587年10月2日示寂。
 
 1686年「円通無礙禅師」の号が下賜されている。

 武田信玄が甲斐に迎えた恵林寺快川紹喜とは兄弟の契りを結んでいたとされる。

清洲城 織田信長の居城ここにあり・清須城

コメント

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA